VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#008 『劫の目』(坂本昌一郎/11eyes -罪と罰と贖いの少女-/PC)

www.youtube.com

11eyesより坂本昌一郎作曲の『劫の目』(劫の読みは「アイオン」)。

バトルがおこなわれるイベントシーンで、優勢(ほぼ勝利確定)時に流れる。

物語開始数年前に最愛の姉が自殺し、以後自堕落な高校生活を送っていた主人公・皐月駆は、何の前触れもなく幼馴染・水瀬ゆかとともに赤い夜という不可思議な異世界に誘われ、なぜか命を狙われることになる。

同じく赤い夜に引き込まれた異能持ちの少年少女たちと協力しつつ、日常と赤い夜を行き来することになるが、赤い夜での戦いのさなか、駆は生まれつき視力がない自らの右目が覚醒し、未来予知の異能を手に入れる。その右目というのが、曲名が示す通り、劫の目という名称である。

廃墟を彷彿させる怪奇的でゴシックテイストなサウンドが大半を占めるなか、この曲はイントロの張り詰めた空気感で赤い夜の雰囲気を表現しつつ、そこから突き抜けるように爽やかで真っすぐな旋律を据えることで、理不尽に打ち勝たんとする少年少女たちの強い意志を感じさせる。間奏のピアノの音色で一旦溜め、そのすぐあとに怒涛の打ち込みを展開することによって未来を先読みするという異能を曲のなかでうまく表現している。

そういえば赤い夜に登場する敵役の黒騎士たちの名前、なんかゼノブレ2に登場する国名とそっくりだな……と思ったら七つの大罪ラテン語名だったんですね。なるほど。