VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#012 『It's So Wonderful』(石元丈晴/すばらしきこのせかい/NDS)

www.youtube.com

スクエニがおくるアクションRPGすばらしきこのせかいより、

石元丈晴作曲、『It's So Wonderful』。タイトル画面で流れます。

現代のシブヤを舞台にした完全新作として登場した本作。ある日スクランブル交差点の雑踏で目覚めた少年・ネクは、自らの記憶を失っていること、そして、どうしてか周りの人間の思考を手に取るように分かることに気付き、訳も分からぬまま自らの存在を賭けて死神たちのデスゲームに参加することになる。個性的なキャラクターに、DSのタッチスクリーンをフル活用したストライドクロスバトルなる戦闘システムが特徴で、タップしたりスラッシュしたりして様々な種類のサイキックを使いこなしていく。後にスマートフォンやスイッチにも移植された。

本作の音楽を担当するのは石本丈晴氏。当時スクエニに所属していた作曲家である。本作ではメインテーマはもちろんのこと、収録されている楽曲の大半はボーカル入りとなっていて、ポップ、ロック、ラップなど、ジャンルの垣根を超えるようなスタイリッシュなアーバンミュージックが揃っている。サウンドトラックはオリジナル音源のもの、海外版の収録曲を加えたもの、ライブ音源のものなど複数種類が発売されている。

ゲームを起動してから最初に聞くことになるタイトル画面のこの曲は、数少ないインストゥルメンタルのうちのひとつで、極めて無感情・無機質、徹底的に無表情ながらもシブヤらしさ全開のトラックである。突き刺すようなピアノとそれに合わせて周期的に展開されるパーカッション、ほとんどメロディーを排していると言っていいほど単調な繰り返し、短いループ。ギターパートが加わっても激しさを増すことなく、首尾一貫して退屈な、それでいて癖になるほど刺激的な曲調が、シブヤに渦巻く不条理と無秩序を冷静に描き出している。

すばせかは楽曲全体どれも好きですが、特にこの曲はメニュー画面でも流していました。そのせいで個人的にはタイトルよりメニューの印象が強い曲です。