VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#019 『Sad war』(桜庭統/ラビリンスの彼方/3DS)

www.youtube.com

コナミトライエースがおくるRPGラビリンスの彼方より、

桜庭統作曲、『Sad war』。ステージ9の通常戦闘曲。

コナミトライエースの共同開発作品として登場した本作。レトロな3Dダンジョンゲームを仲間とチャットしながら楽しんでいたはずのプレイヤーは、突然画面が暗転し、見知らぬ銀髪の少女がいる巨大な地下迷宮に飛ばされてしまい、成り行きで少女と協力しながら地上を目指すことになる。少女とは互いに存在を認識することはできても意思疎通はできないという設定から、幻想的ながらも淡泊な世界観が徹底されていて、3Dで表現される風光明媚なダンジョンの数々を探索していく。三すくみの属性に、強力な魔法を組み合わせたシームレスの戦闘システムが特徴で、徐々に明かされる世界の謎と相まって、雰囲気重視の仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは桜庭統氏。トライエース作品ではおなじみのフリーの作曲家である。本作では霧に覆われた大自然や神秘的な建造物を彩るにあたって、シンセサイザーを駆使した楽曲が多く取り揃えられていて、あえてオーケストラの生の音ではなく電子的な音色を採用することで静謐な異世界を鮮やかに表現している。サウンドトラックは通常の流通版とデジタル配信版の二種類あり、特に明確な規則性などはないが、それぞれ収録曲が異なる。

物語も佳境に入る頃に訪れる9番目のステージは、まだ地上に出ていないにも関わらず頭上に空が見える迷宮で、灰色の古びた建物にはところどころ浸食された部分が散見され、緑色の苔が纏わりついている。そこの通常戦闘曲として流れるこの曲は、絢爛なシンセ音を使いつつ、鐘やストリングスを交えながら静かに昂揚感を煽る音使いが印象的である。徹頭徹尾、幻想的で神秘的な作風を貫き通す曲調は、終盤にふさわしい勇猛さを内包していると同時に、作品全体を象徴する退廃的な静けさもたっぷり含まれている。

ラビリンスの彼方は各階層ごとに戦闘曲が用意されているのですが、個人的に好きな戦闘曲はこれとステージ5の『Decayed edge』です。そちらはピアノをふんだんに使った疾走感のあるナンバーです。あわせてどうぞ。

www.nicovideo.jp