VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#022 『どうくつ』(本山淳弘/くるくるくるりん/GBA)

www.youtube.com

GBA黎明期のローンチタイトルの一つ、くるくるくるりんより、

本山淳弘作曲の『どうくつ』(仮称)。同名のワールド内のステージで流れる曲です。

自動でくるくる回る長い棒、ヘリリンを操作し、ステージ内の壁や障害物にぶつからないように工夫しつつゴールを目指すアクション・パズルゲームの本作。シンプルな操作性と単純明快なルール、和やかな雰囲気のシナリオ、それでいて一筋縄では攻略できない奥深さがバランスよく共存している。

10あるワールド(全ステージをノーミスでクリアすると出現する隠しステージも含めると11)のうち、5番目に訪れるのがどうくつである。このワールドでは、ヘリリンの回転を逆方向に調整できるバネの仕掛けが非常に多く登場し、なかには使う必要のないバネが設置されていることもある。ポップでファンシーな世界観のなかでも、どうくつという名にふさわしい、ステージのマットな配色と適度に歯ごたえのある難易度、さらにはシリアス調の勇ましいサウンドが特徴である。

耳に残りやすいイントロから奏でられるいかにもなGBA音源を駆使した音質は、ローンチタイトルとして新機種の性能を的確に表している。1ループはそれほど長くないが、曲全体を貫く落ち着いたトーンが、思考力や判断力を問う本作にはおあつらえ向きで、長く聴けば聴くほどどうくつの世界に引き込まれるような魅力がある。素朴な音源というシンプルさに、メロディが持つ奥深さが相まって、本作の主旨であるシンプルでディープな世界観をサウンド面においても忠実に再現している。

これの続編であるくるりんパラダイスの『ひみつの国』がまた素敵なんですよね。機会があれば紹介しますが、一見(一聴?)の価値ありです。ちなみにサントラ等は未発売のため曲名は便宜上のものです。

thytimes.hatenablog.com