VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#024 『Positive Force』(Magnus Pålsson/VVVVVV/PC)

www.youtube.com

Terry Cavanaghがおくる2Dプラットフォーマー・VVVVVVより、

Magnus Pålsson作曲、『Positive Force』。

「Gravitron」をはじめ、いくつかのエリアで流れます。

インディーゲームクリエイターのTerry Cavanagh氏の代表作である本作。宇宙船の事故で見知らぬ空間に迷い込んでしまった主人公は、行方不明のクルーたちを探しに崩壊間際の異空間を渡り歩いていく。上下左右の移動のみ(上下はジャンプの代わりに重力操作で反転移動する)というシンプルな操作性と、それとは裏腹に仕掛けだらけの挑戦的な難易度が特徴で、問答無用の即死トラップを掻い潜りつつ、ときには危険を顧みぬ大胆さで、次元の謎に挑むことになる。簡素な8bit風のグラフィックと相まって、レトロ志向の仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはMagnus Pålsson氏。Souleyeという名義でも知られるスウェーデン出身の作曲家である。氏はコモドール64Amiga 500などのレトロゲーム機をこよなく愛することから、作風ももっぱらローファイでキャッチーなチップチューンを得意とし、本作でもそれが遺憾なく発揮されている。印象的なゲーム名にあわせて、楽曲のタイトルはすべてPで始まるという謎のこだわりも持ち合わせていて、随所に遊び心あふれる仕様となっている。サウンドトラックは氏の公式サイトやBandcampなどで販売されている。

60秒間、重力反転を用いて障害物をひたすら避け続けるという本作屈指の鬼門エリア「Gravitron」をはじめ、複数のシーンで流れるのがこの曲である。正の力という曲名通り、その曲調からはまっすぐ前へと突き進む姿勢が窺える一方で、どこか焦燥感をも煽り立てる。中弛みのしない旋律は、死んで覚える死にゲーならではの果敢さと、攻略できた暁に覚え得る快感と達成感を滲ませている。レトロサウンド特有の飾らない直球さが見事に表現された一曲である。

曲名に違わず、何回死んでもまたチャレンジしてやろう、というような前向きな気概を感じさせてくれますね。