VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#026 『meaning of birth』(藤原基央/テイルズ オブ ジ アビス/PS2)

www.youtube.com

ナムコがおくる生まれた意味を知るRPGテイルズオブジアビスより、

藤原基央作曲、『meaning of birth』。終盤のアッシュとの一騎打ちで流れます。

テイルズシリーズのうち、10周年目の節目につくられた本作。何もかもが預言で決定づけられる世界を舞台に、幼少期に誘拐されたことで記憶を失った主人公・ルークは、仲間たちとの出会いを経て自らの生まれた意味を知ることとなる。癖の強いキャラクターが織り成す、人造クローンと存在意義を題材とした重厚なシナリオが特徴で、戦闘中にフィールドを自由に移動できるフリーランシステムがシリーズで初めて導入されるなど、意欲的な仕上がりとなっている。後に3DS向けにリメイクされた。

本作の音楽を担当するのは桜庭統氏、田村信二氏、藤原基央氏の三名。一部のミニゲームでは往年のアーケード名作・ドラゴンバスターより慶野由利子氏が手がけたBGMが用いられている。このうち桜庭氏と田村氏はシリーズでおなじみの作曲家で、藤原氏はロックバンド・BUMP OF THE CHICKENのボーカル兼ギターを担うミュージシャンである。藤原氏は主題歌やそのアレンジを中心に作編曲している。本作ではシリアスな作風にあわせて、壮大なオーケストラサウンドが多く揃っていて、前述の主題歌アレンジを効果的に用いることで豊かなメリハリを生み出している。サウンドトラックは藤原氏の担当曲のみを収録したソロアルバムと、主題歌を除き全曲を収録した通常アルバムの両方が発売されている。

出生にまつわる暗い過去ゆえに自身の存在の危うさに絶えず苦しみ続けるルークは、作中で幾度となく彼と瓜二つの容姿をしたアッシュと剣を交えることになる。互いに譲れない個としての意識や自我をめぐって、ラストダンジョンでの最後の一騎打ちで流れるのがこの曲である。主題歌『カルマ』のインストアレンジであり、『カルマ』自体がストーリーの核心に迫る内容を歌っていることから、この曲もまた物語で大きな意義を持つ。トランペットとバイオリンを交互に奏でてメロディを繋いでいくことで、その先に待ち受けるサビのオーケストラで、ルークとアッシュという鏡合わせの二人を象徴的に表現している。ボーカルを外すことで、『カルマ』のサビの最後で歌われる「生まれた意味を知る」というパートを、プレイヤーがそれぞれ頭のなかで反芻させる効果を持つ。

ラスボス戦は『finish the promise』で約束は果たされる、ですから、いかに『カルマ』が重要な役割を担っているかが窺えますね。以下、参考までに主題歌です。

www.youtube.com