VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#028 『時忘れの迷宮』(谷岡久美/チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮/Wii)

www.youtube.com

スクエニがおくるダンジョンRPGチョコボの不思議なダンジョンより、

谷岡久美作曲、時忘れの迷宮の『時忘れの迷宮』。オープニングで流れます。

チョコボの不思議なダンジョンシリーズの3作目にあたる本作。忘却を美徳とし、時計塔の鐘が鳴ると記憶が消えるとされる時忘れの街を舞台に、トレジャーハンターのシドとチョコボは、そんないびつな幸福論に疑問を呈する少女・シロマと、彗星のごとく現れた謎の赤ん坊・ラファエロとの交流を通じ、街の人々の記憶を取り戻す迷宮へと誘われることになる。絵本のような優しいテイストのグラフィックに、チョコボの愛くるしい挙動、記憶を主軸に据えた切なくも美しいシナリオとが相まって、牧歌的な雰囲気を漂わせた仕上がりとなっている。後にDSやスイッチ、PS4向けにリメイクされた。

本作の音楽を担当するのは谷岡久美氏。編曲のみの参加で、当時音楽制作会社ジョーダウンスタジオに所属していた高橋雄蔵氏も携わっている。このうち本作初出のオリジナル曲は数曲に留まり、それ以外のほぼすべてがFFの歴代の名曲をアレンジしたものとなっている。「ファイナルファンタジーのベスト盤」とすら評されるサウンドトラックは、本来相容れないはずのプログレ系の曲調までも、原曲の持ち味を生かしつつ本作に違和感なく溶け込んでいる。

本作のオープニングで流れるのがこの曲である。手回し風のオルゴールで奏でられるイントロとアウトロは、記憶という題材にふさわしい脆さと儚さを蓄えている。オルゴールのイントロとアウトロの間にオーケストラを挟み込むことで、その内部に閉じ込められた記憶を解放するかのごとく、クラリネットの伸び伸びとした旋律やストリングスの優雅なメロディーが響き渡る。中盤のサビで一気に溢れ出すと、物語の壮大さと、その背後に常に存在し続けるすこしの哀愁を感じさせる。魔術的な優しさを秘めたこの曲は、歴代の豪華な名曲に引けを取らぬ、本作ならではの仕上がりになっている。

ストーリーそのものがぜんぶこの一曲に詰まっているような印象で、記憶にしっかりと刻み込まれるような、一度聴いたら忘れられない曲ですね。