VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#028 『時忘れの迷宮』(谷岡久美/チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮/Wii)

www.youtube.com

FFの派生シリーズであるチョコボの不思議なダンジョン三作目の時忘れの迷宮より、

谷岡久美氏によるオープニングテーマ『時忘れの迷宮』。

時忘れの街、それは忘却こそ美徳とする不思議な街。街の中心部に聳え立つ時計塔にある時忘れの鐘が鳴り響くと、人々はひとつ、またひとつと記憶を失っていく。トレジャーハンターのシドとチョコボは、そんないびつな幸福論に疑問を呈する少女シロマとの出会い、さらには彗星のごとくどこからともなく現れたラファエロという名の赤ん坊との交流を通じ、街の人々の記憶を取り戻す迷宮へと誘われるのだった。

絵本のようなやさしいテイストのグラフィックに、チョコボの愛くるしい挙動、記憶を主軸に据えた切なくも美しいシナリオは、どれも本作の牧歌的でおとぎ話のような雰囲気を十二分に漂わせている。音楽は数曲のオリジナル曲以外はすべてFFの歴代の名曲をアレンジしたもので、「ファイナルファンタジーのベスト盤」とすら評されるサウンドトラックは、本来相容れないはずのプログレ系の曲調までも、原曲の持ち味を生かしつつ本作に違和感なく溶け込んでいる。アレンジが注目されるなか、本作のために新規に書き下ろされた谷岡氏による温かみのある曲も忘れてはならない。

手回し風のオルゴールで奏でられるイントロとアウトロは、記憶という脆くて儚いメインテーマをその音色のなかに閉じ込めている。閉じ込められた記憶を解放するかのごとくクラリネットの伸び伸びとした旋律やストリングスの優雅なメロディが、中盤で一気に溢れ出し、物語の壮大さと、その背後に常に存在し続けるすこしの哀愁を感じさせる。魔術的なやさしさを秘めたこの曲は、歴代の豪華な名曲に引けを取らぬ、本作ならではの仕上がりになっている。

ラストバトルに『ビッグブリッヂの死闘』アレンジという贅沢さは未だに忘れられませんね。イントロで怒涛の速弾きピアノが流れ出したときの興奮と感動、さすがのファンサービスです。