VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#035 『大追求 ~成歩堂龍ノ介の覺悟』(北川保昌/大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-/3DS)

www.youtube.com

カプコンがおくる大法廷バトル・大逆転裁判より、

北川保昌作曲、2の『大追求 ~成歩堂龍ノ介の覺悟』。

裁判のクライマックスで流れます。

逆転裁判シリーズのスピンオフ作品として登場した大逆転裁判のうち、続編でナンバリング2作目にあたる本作。時は19世紀末期、法の黎明期たる激動の時代の大日本帝國と大英帝國を舞台に繰り広げられる凶悪な犯罪を前に、学生弁護士・成歩堂龍ノ介は、異国の大法廷で死神の異名で知られる天才検事に立ち向かうことになる。細部まで時代背景を意識した世界観に、ストーリーの根底に潜む世紀末独特の退廃感が特徴で、前作で積み残した謎や伏線は、本作で一つの巨大な陰謀として見事に決着していく。大法廷バトルという大仰なジャンル名にふさわしい仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは北川保昌氏、寺山善也氏、前馬宏充氏の三名。いずれもカプコンに所属する作曲家たちで、このうち北川氏と前馬氏は前作から引き続き、寺山氏は本作で初めて作曲することになる。逆裁シリーズ譲りのドラマチックなサウンドを受け継ぎつつ、本作では前作同様、弦楽器を中心に奏でられるクラシカルな曲調のものが多く揃っている。サウンドトラックは未使用曲を含め劇伴音楽大全集が発売されているほか、1&2を同時購入した際の限定品として選り抜きの楽曲が収録されたミニサントラも存在する。

シリーズおなじみの追求BGMのうち、本作の大法廷のクライマックスで流れるのがこの曲である。様々な思いが絡み、捻じれ、歪んだ果てにやがて辿り着いた最終章での法廷は、劇場型と言わんばかりの最高潮の盛り上がりを見せるが、この曲はそうしたすべての鬱積した感情を、イントロの時点で大爆発させるようなインパクトを誇る。鮮やかで艶やかなストリングスが、本作の副題をそのまま曲名に用いていることの意義を強調するかのごとく、使命感に満ち満ちた旋律を奏でることで、どこまでも力強く、真実を追い求めて真っすぐに響き渡る。世紀末の大法廷にあって、まさに大追求の名に恥じぬ情熱とカタルシスを秘めた一曲である。

最終章の展開は、憎いほど盛り上げ方がうまいな……と感心したものです。これとあわせて聴きたい曲といえば、もちろん『追求への前奏曲』(こちらも北川さんの作曲)ですね。どうぞ。

www.youtube.com