VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#036 『GATE OF STEINER -Main Theme-』(阿保剛/STEINS;GATE/X360)

www.youtube.com

5pb.がおくる想定科学ADV・STEINS;GATEより、

阿保剛作曲、『GATE OF STEINER -Main Theme-』。タイトル画面で流れます。

2009年にXbox360で発売されて以来、数々の機種に移植・リメイクされた5pb.の代表作である本作。秋葉原を拠点に未来ガジェット研究所なるサークルを運営する自称マッドサイエンティスト鳳凰院凶真こと重度厨二病患者の大学生・岡部倫太郎は、偶然にも過去に携帯メールを送信できる電子レンジを発明したことをきっかけに、やがて人類の命運をも揺るがす巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。タイムトラベルというSFの古典的テーマと、サブカルチャー色の強い舞台設定や個性的なラボメンたち、いたるところに張り巡らされた伏線を鮮やかに回収していくシナリオの緻密さが特徴である。総じて今なお根強い人気を誇る濃厚かつドラマチックな仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは阿保剛氏。5pb.(現MAGES.)に所属する作曲家である。主題歌や挿入歌などのボーカル曲に関しては、志倉千代丸氏や林達志氏らが手がけている(歌はもっぱらいとうかなこ氏による)。阿保氏は本作以前にも同じく科学ADVシリーズとしてCHAOS;HEADを担当しているほか、本作のスピンオフや続編なども引き続き担当している。暗鬱ながらも高度に洗練された作風にあわせて、本作ではシリアス調の楽曲を中心にメリハリ豊かなサウンドが揃っている。サウンドトラックはラジオ番組で放送された内容の音源も含め、3枚組で発売されている。

タイトル画面や各種重要なイベントシーンで流れるのがこの曲である。副題が示す通り、この曲は本作のメインテーマという立ち位置にあるが、全体を貫くダークな曲調が、物語の壮大さを直感させるような凄みに満ちている。その様子はまるで、大きすぎる陰謀を前に、幾度となく繰り返される惨劇に立ち向かうかのごとく、ただ一つ答えを求めて奮闘する姿を彷彿させる。ループ部分がどこにあるのか分からないほど自然な繋ぎ目で構成され、底なし沼に否応なく引き込まれるような本作の魅力を体現している。

ピアノアレンジもあれば、アップテンポなポップアレンジもあり、さらにはボーカルアレンジまであるという破格の待遇。それだけこの曲にシュタゲのすべてが詰まっているのでしょうね。