VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#040 『記憶のない村』(上倉紀行/オプーナ/Wii)

www.youtube.com

ライフスタイルRPGと銘打った独創的なゲーム性が特徴の、

オプーナより上倉紀行作曲『記憶のない村』。フォンテーヌの村で流れます。

ファンシーなキャラクターデザインと温かみのある世界観、それでいて皮肉が効いたディストピアの風情も窺える本作。ランドロール星という惑星に不時着した主人公・オプーナは、はぐれてしまった家族を探しながら故郷の星へと帰る手立てを見つけるべく、まずはランドロール星での生活を始めることとなる。この星で活動するにあたって、オプーナの活動範囲を広げるにはライセンスの取得が不可欠であり、釣りや占いなど多種多様なライフスタイルが用意されている。

徹底的な管理社会でありながら、衣食住や行動の自由も確保されている安寧に満ちたディストピアを彩るのは、ユニークなグラフィックとサウンドである。ベイシスケイプより崎元仁氏を中心に総勢六名もの作曲家が本作を担当し、メインテーマのアレンジを基調にそれぞれの持ち味を活かした個性豊かな音使いが世界観を反映している。一つのメロディを複数の作曲家が編曲をし合うことで様々なテイストの曲を楽しめる本作のうち、とりわけこの曲は、アルティエラという地区全体で共有される上倉氏が作曲した旋律を、氏自身がセルフアレンジしたものとなっている。

岩田匡治氏が編曲した『夕暮れ都市』のエレクトロニックな曲調や、阿部公弘氏が編曲した『アルティエラにて』のオリエンタルな曲調とは一味違い、フォンテーヌの村で流れるこの曲はアコギやバイオリンを用いた癒しの曲調が心地よい。題名にある通り、この村の住民たちは古の遺跡を守っているということ以外一切記憶を持ち合わせていない。その衝撃的な設定と、素朴に突き刺さる叙情的な音色が、本作の不思議な魅力をひとまとめに体現している。

ディストピアものっていいですね。『夕暮れ都市』(上)と『アルティエラにて』(下)も合わせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com