VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#043 『POLLYANNA』(鈴木慶一/MOTHER/FC)

www.youtube.com

ファミコン時代の名作MOTHERより、鈴木慶一作曲の『POLLYANNA』。

フィールド曲のうち、パーティが一人(主人公のみ)のときに流れる一曲。

「エンディングまで泣くんじゃない」というキャッチコピーで知られる本作は、アメリカの片田舎に住む少年を主人公に、各地で起きる怪奇現象の謎を解き明かすべく繰り広げられる冒険譚である。当時のRPGにしては珍しい時代背景、現代劇でありながらところどころに超能力(PSI)をはじめとするすこし不思議な要素が混在する世界観が好評を博し、今なお語り継がれる傑作である。

音楽を担当したのは鈴木慶一氏と田中宏和氏の両名。鈴木氏は日本のロックシーンにおいて先駆的な役割を果たし、幅広い方面で活躍するミュージシャンである。田中氏は本作発売当時は任天堂に所属しており、古くから任天堂ゲーム音楽づくりに携わっていた。二人が作曲した楽曲群は、どれも80年代アメリカという舞台に即したポップでキャッチーな仕上がりとなっていて、一線を画する斬新さが注目の的となった。

自宅を出て初めて聴くことになるこの曲は、一人旅という限定的なシチュエーションでのみ流れ、始まりつつある未知への冒険の期待を大いに膨らませてくれる。孤独を感じさせない明るくメロディアスな旋律は、音数のすくないファミコンの制約をものともしない完成度を誇り、極端な楽天家を意味する曲名の通り、あるいはスキップをしながら、あるいは口笛を吹きながら旅に出たい気分にさせてくれる。

やさしくて温かみがあって、この曲を聴いた瞬間にキャッチコピーの約束事を早々に破ってしまいそうですね。安藤浩和氏によるスマブラDXでのアレンジ『マザー裏』も原曲の楽しげな雰囲気が強調されていて素敵ですので、そちらも合わせてどうぞ。

www.youtube.com