VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#045 『FOR ACHIEVE』(桜庭統/スターオーシャン/SFC)

www.youtube.com

トライエースがおくるスペースオペラRPGスターオーシャンより、

桜庭統作曲、『FOR ACHIEVE』。通常戦闘で流れます。

すでに発売の一ヶ月前には次世代機の64が登場していたため、スーファミ最後のオリジナルRPGと謳われた本作。テイルズオブファンタジアの開発に関わったスタッフが多く在籍するトライエースの処女作であり、宇宙を下敷きにしたSFチックな世界観と、従来のRPGのイメージに沿った中世ファンタジーの両方を取り込んだ意欲作である。キャラクターボイス付きでリアルタイム進行する戦闘システム、丁寧に細部まで描き込まれた美麗なグラフィック、消化不良気味ながら独創的なシナリオと相まって、後のスターオーシャンシリーズの礎を築いた仕上がりとなっている。後にFirst DepartureとしてPSPにリメイクされたほか、そのHD移植版としてPS4やスイッチ向けにも発売されている。

本作の音楽を担当するのは桜庭統氏。トライエースの前身と言える日本テレネットのウルフ・チームにかつて所属していた作曲家で、テイルズでの縁もあって本作でも作曲することになる。また、以降のSOシリーズを通して単独で作曲していることから、本作は氏とトライエース作品を結び付ける重要な位置づけと言えよう。本作では氏が得意とするプログレ風の楽曲を中心に、SFとファンタジーの融合という当時のRPGにしては挑戦的な姿勢をうまく反映したものが揃っている。サウンドトラックはアレンジとボイスを収録したパーフェクトサウンドコレクションのほか、オリジナルに忠実な再レコーディング版、それからPSP用に編曲されたものが発売されている。

通常戦闘曲で流れるのがこの曲である。暴力的とすら思える力強いイントロから始まり、前へ前へと突き進んでいくメロディーラインが特徴で、最初から最後まで全速力で疾走するようなスピード感にあふれている。昂揚感たっぷりのサビはもちろんのこと、サビ以外の部分でも中弛みすることなく、ループに入るまでの間奏部分は二転三転、種々様々な旋律が相次いで奏でられるが、一貫して戦闘曲らしいテンションの高さが保たれる。プログレッシブな曲調でありながらSFらしさを尊重してテクノっぽくもある絶妙なバランスを誇る一曲である。

迫力という意味ではスーファミの原曲には劣りますが、PSP版はどこか神秘的で近未来的なところがあって、元のメロディーの良さも相まって個人的には良アレンジだと思っています。以下、リメイク版の音源もあわせてどうぞ。

www.youtube.com