VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#054 『狂花水月』(安藤浩和/星のカービィ トリプルデラックス/3DS)

www.youtube.com

3DS初のカービィ作品として、7年ぶりに携帯機に登場したトリプルデラックスより、

安藤浩和作曲の『狂花水月』。ラスボス戦で流れる戦闘曲。

92年にゲームボーイ用に初代星のカービィが発売されて以降、HAL研の看板作品として幅広い年齢層から愛されるカービィシリーズ。昨年25周年を迎え、吸い込みを特徴とするシンプルで奥深いゲーム性が、カービィの造形の愛らしさと相まって人気である。本作は3DSという媒体の性能を活かして、ジャイロセンサー立体視を用いた個性豊かなギミックが、デラックスである。

本作の作曲を担当するのは、おなじみカービィサウンドの生みの親・石川淳氏と安藤浩和氏の両名である。シリーズ一作目から携わっている石川氏と、シリーズ二作目から携わっている安藤氏によるデラックスな音楽は、まさにカービィらしい世界観を反映した楽曲が揃っている。なかでも本作のボス戦で流れる曲はシリーズ全体を鑑みてもすさまじいクオリティであり、この曲はとりわけ全会一致の好評を博している。

通常のボス戦である『とびだせ!奥へ手前へボスバトル』(こちらも安藤氏の作曲)のノリノリな曲調から一転、同じ旋律を使いつつ狂おしいほどの美しさを演出している。物憂げなピアノイントロは、通常ボス戦でも同じくピアノを用いているという点で共通しているものの、まったく別の趣を感じさせる。演出面においても、青白い満月を背景に繰り広げられる戦闘というシチュエーションで流れるにはぴったりであり、ラスボスの姿かたちの妖艶さと洗練された曲名も、この曲のデラックスたるゆえんである。

スターアライズも楽しみですね。ちなみにアライズがarise(生まれ出づる)ではなくallies(同盟)であるということに最近気付きました。『とびだせ!奥へ手前へボスバトル』も合わせてどうぞ。

www.youtube.com