VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#055 『Fly』(庄司英徳/龍が如く3/PS3)

www.youtube.com

ヤクザの世界を取り扱うゲーム界の異端児・龍が如くシリーズより、

庄司英徳作曲、3の『Fly』。ラスボス戦で流れます。

実在の歓楽街をコンセプトに、成人男性という限られたターゲットに向けて発売された龍が如くシリーズ。「ゲームに飽いた人たちへ。そして、ゲームを愛する人たちへ。」という謳い文句に違わぬ良質な世界観は、裏社会を描くという性質上、現実離れしているふうに見える一方で、企業とのコラボによる繁華街のリアルな街並みと、痛々しいほど人間臭いキャラクターたちの織り成す義理と人情の重厚なシナリオが、奇妙な没入感を演出する。

本作ではおなじみの東京・神室町に加え、沖縄・琉球街も登場し、スピンオフとして本編に先駆けて発売されたPS3初の龍が如く作品・見参!からさらに進化させたグラフィックが特徴である。多数の作曲家が参加し、ほぼ毎年のように新作が発売される本シリーズにおいて、構想の段階から携わっている庄司英徳氏による楽曲は、担当曲数の多さも相まって龍が如くを代表する仕上がりとなっている。

前2作とは趣の違うラスボスを相手に戦うときに流れるこの曲は、シリーズ屈指の人気曲でもある。じりじりと焦らすように奏でられるイントロに続く、暴力的で、それでいて冷静さをも感じさせるエレキギターの音色は、どこか知的な印象を与える。中盤のサビでは、一切のわだかまりを発散させるような開放感があり、狂気的な執着心を持ちながらも、狂人には程遠い人間味あふれるラスボスのキャラクター性を体現している。

極道というイメージにふさわしい一本筋の通った曲調に痺れます。