VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#057 『The Man with the Machine Gun』(植松伸夫/ファイナルファンタジーVIII/PS)

www.youtube.com

7で空前絶後の人気を博し、JRPGの代表作に君臨するFFシリーズから、

一際特殊なゲーム性で知られる8より、植松伸夫作曲、

『The Man with the Machine Gun』。ラグナ編における通常戦闘曲。

前作の7で大成功をおさめ、いつもに増して大きな注目を集めるなか発売された本作。シリーズ史上最大の販売本数を記録し、商業的にはきわめて好調な滑り出しだったが、その斬新奇抜で型破りなシステムと、十代後半の未熟なキャラクターたちが織り成す青春物語風のシナリオが、シリーズ史上最大の賛否両論となっている。一方でグラフィックと音楽は文句なしの出来栄えで、同じく好評だった前作からさらに進化している。

本作の作曲を担当するのはおなじみ植松伸夫氏である。氏はシリーズ黎明期からの付き合いであり、シリーズ初のボーカル入り主題歌や生オーケストラ音源を採用したことから、本作は特に音楽への強いこだわりが窺える。ジャンルに捉われない個性豊かな曲のうち、ことにこの曲は、氏が特別な思いを寄せるプログレの要素をも取り入れた本作で一二を争う人気曲である。

マシンガンを武器に、迫力のあるタイトル通りのキャラクターたるラグナを象徴する曲として、ラグナのおっちょこちょいな性格とは裏腹に奏でられるクールなテクノ調が特徴である。電子音楽らしいエレクトロニックな音使いと、細かく繰り返されるベースのリフは、スコール編における戦闘曲『Don't Be Afraid』とは対照的に軽快さを前面に出していて、ところどころに鳴り響くハンドクラップが戦闘のムードを盛り上げてくれる。

参考までに『Don't be Afraid』も。陰に隠れてあまり話題に上らない気がしますが、こちらは重厚で深みのあるオーケストラ調です。

www.youtube.com