VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#061 『潮鳴り』(折戸伸治/CLANNAD/PC)

www.youtube.com

Keyがおくる恋愛アドベンチャーCLANNADより、

折戸伸治作曲、『潮鳴り』。主にシリアスなイベントシーンで流れます。

KanonAirに続きビジュアルアーツ美少女ゲームブランド・Keyの第三作として登場した本作。バスケットボールの選手として有望視されていたが、怪我を理由に断念して不良になり果てていた主人公は、廃部になった演劇部の復活を目指す病弱な少女・古河渚との出会いを経て、家族や友達、大切な人との絆を紡いでいく。多彩かつ魅力的な登場人物が織り成す切なくも温かいシナリオが特徴で、通常の学園編のほか、ヒロインとのその後を描くアフターストーリー、さらには本編にてところどころ意味ありげに挿入される幻想世界での出来事などもまとめて収録されている。前二作とは異なる全年齢対象の作品として、泣きゲーの代表作として名高い仕上がりとなっている。

本作の楽曲を担当するのは折戸伸治氏、戸越まごめ氏、麻枝准氏の三名。いずれも当時ビジュアルアーツのKeyブランドに所属していた(戸越氏以外は今も所属している)作曲家たちである。このうち麻枝氏は音楽のみならず企画や脚本も手がけている。本作では、膨大な量のテキストに見合ったドラマチックでメロディアスな楽曲が揃っていて、メインヒロインの渚やアフターストーリーに登場する汐の名前にちなんで、水や海を彷彿させる曲名もすくなくない。サウンドトラックはオリジナルのもののほか、一部のインストゥルメンタルの楽曲に歌詞をつけたイメージボーカルアルバムやリミックスアルバムなど、多数発売されている。

物語上の重要なシーンを中心に、シリアスな場面で多く流れるのがこの曲である。潮鳴りとは「海の波が岸に寄せたり返したりするときの音」を意味するが、その曲名通り、この曲は何度も何度も同じフレーズを繰り返し、波のように寄せては返し、寄せては返していく。ピアノのシンプルな旋律の反復は、やがてパーカッションを交えて静かに勢いをつけ、ようやく2分手前でサビに突入する。儚く、それでいて力強く、幾度となく繰り返すさまは、心の機微を描く情緒的なシナリオを見事に引き立たせてくれる。

寄せたり返したりということばの意味と、曲の構成が完璧に釣り合っていて、題名のセンスに脱帽しますね。アレンジで『潮鳴りII』もありますので、そちらもあわせてどうぞ。

www.youtube.com