VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#062 『帰路』(小林美代子・曳地正則/天地創造/SFC)

www.youtube.com

クインテットがおくるアクションRPG天地創造より、

小林美代子・曳地正則作曲、『帰路』。エンディングで流れます。

ソウルブレイダーやガイア幻想記に続くアクションRPGの三部作として登場した本作。地表と地裏の二つに分かたれる世界で、地裏唯一の村であるクリスタルホルムに暮らす主人公・アークは、村の掟を破ってパンドラの箱を開けてしまい、封印が解かれたことにより石化してしまった村人たちを救うべく、アークは失われた天地を再生させる旅に出ることになる。聖書を下敷きにした壮大な天地創造物語が特徴で、人や動植物や大陸を復活させていく傍ら、多種多様なアクションを使いこなして謎解きをしたり、都市の再興を目指して街づくりをしたりもできる。スーファミ最高水準とされる美麗かつ臨場感あふれるグラフィックと相まって、奥深い魅力に満ちた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは小林(現姓は高岡)美代子氏と曳地正則氏。いずれも当時クインテットに所属していた作曲家たちである。本作では、気の遠くなるような果てしない旅を彩るにあたり、グラフィックと同様にスーファミの性能を最大限にまで引き出した高品質のサウンドが揃っていて、神話の世界を彷彿とさせる神秘的な曲調のものが多い。サウンドトラックは一部の楽曲を収録したものが存在するが、惜しくも未収録のものが半数近く占めている。

冒険の終わり、エンディングにて流れるのがこの曲である。長い旅路の果てに待ち受けるは、クリスタルホルムで流れる『帰るべき所』(作曲は小林氏)をアレンジした一曲で、その穏やかな旋律を幻想的な高音が優しく包み込む。音楽とともに流れる映像は、鳥になって世界を一周する夢を見るという儚くも美しいもので、その柔らかい癒しの音色が、故郷のような懐かしさと温もりを感じさせる。

安寧に満ちているけれど、同時にとても切なくて、いかにもエンディングらしい理想的な終わり方ですね。『帰るべき所』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com