VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#066 『聖詩篇666 ~The Last Testament~』(坂本昌一郎/11eyes -罪と罰と贖いの少女-/PC)

www.youtube.com

Lassがおくる侵蝕世界学園伝綺AVG11eyesより、

坂本昌一郎作曲、『聖詩篇666 ~The Last Testament~』。ラスボス戦で流れます。

退廃的な世界観が特徴の恋愛アドベンチャーである本作。発売当初は18禁に指定されていたが、Xbox360への移植で15禁に、PSPへの移植で12禁へと徐々に年齢制限が下がっていった。本作では、赤い夜という不可思議な世界に誘われた少年少女たちが繰り広げる死闘と、それとは対照的に穏やかに過ぎていく日常の両パートがあり、交互に入り乱れながら緊張感たっぷりに物語が展開していく。豊富なテキスト量や個性豊かなキャラクターたちとが相まって、恋愛とダークファンタジーの両方を味わえる仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは坂本昌一郎氏。Xbox360PSP版では新たなシナリオが追加され、こちらは細江慎治氏も一部作曲している。坂本氏は発売当時、細江氏は現在も音楽制作会社スーパースィープに所属している作曲家である。本作では、日常と赤い夜では曲調ががらりと変わり、前者は朗らかな雰囲気のものを中心に、後者は本格的なゴシックサウンドを採用し、中世ダークファンタジー風の壮大な楽曲を中心に取り揃えている。サウンドトラックはオリジナルのもののほか、移植版の追加曲およびアレンジを収録したものやボーカル曲を集めたものなどが発売されている。

様々な思惑が交錯するなか、ようやく辿り着いたラスボスとの戦闘で流れるのがこの曲である。プレイ開始直後のプロローグにおいて、炎に包まれた都市の背景とともに流れる『神は神のものを知りたまう』のアレンジであり、重苦しいパイプオルガンの音色に荘厳なコーラスという構成から一転、アップテンポでダンサブルな仕上がりになっている。全体的にスピーディーだが、哀愁を秘めたストリングスによる主旋律が、バックで荒ぶるピアノと絡み合うことにより、廃墟らしい虚無感と怪奇的な禍々しさを両立している。

記事番号にちなんだ曲にしようと思ったのですが、666曲目まで待てないので66曲目で紹介しました。『神は神のものを知りたまう』もどうぞ。かなり雰囲気が違います。

www.youtube.com

thytimes.hatenablog.com