VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#067 『ダイナフォー』(久保直人/スーパーマリオ オデッセイ/NS)

www.youtube.com

任天堂がおくる3Dアクション・スーパーマリオオデッセイより、

久保直人作曲、『ダイナフォー』。滝の国ダイナフォーで流れます。

マリオシリーズのうち、2002年のサンシャイン以来、実に15年ぶりの箱庭探索型アクションとして登場した本作。「マリオ、世界の旅へ。」をキャッチコピーに、今度のマリオは新たに相棒となるキャッピーと空飛ぶ帽子型飛行船・オデッセイ号とともに、地球の様々な国を渡り歩くことになる。ギミック満載の広大なマップを探索し、帽子を投げつけて対象に乗り移る新アクション・キャプチャーを駆使しながら道中に散らばるパワームーンを集めていくことで、オデッセイ号をパワーアップし、次の国へと旅立てる仕組みとなっている。スイッチならではの操作性と相まって、遊び心と冒険感にあふれた仕上がりである。

本作の音楽を担当するのは久保直人氏、郷原繁利氏、近藤浩治氏、辻勇旗氏、藤井志帆氏、横田真人氏の六名。いずれも任天堂に所属する作曲家たちで、このうち久保氏がリードコンポザーを、郷原氏がサウンドディレクターを務めている。本作ではマリオシリーズ初となるボーカル曲が採用されたことが特徴で、都市部では軽快なジャズ、大自然のなかでは雄大なオーケストラといったように、国ごとにテイストやジャンルの異なる曲調を取り揃えている。また、メインとなるテーマ曲のモチーフを随所に織り込むことで、楽曲全体に統一感を持たせている。サウンドトラックはボーカル曲やそのカラオケバージョンも含めて4枚組で発売されている。

最初の国を離れて2番目に訪れることになる滝の国ダイナフォーで流れるのがこの曲である。ステージ自体は狭いが、美しい滝の景観と、そこに棲み付く恐竜の王者のごとき風格が印象的である。ストリングスで始まるイントロ、そこに伸び伸びとした笛の音が加わり、圧倒的なスケール感を思わせる壮大なオーケストラサウンドが奏でられる。サビに入る前の間奏ですこし溜めることで、そのあとに来る爽快なメロディーをいっそう引き立たせ、旅への期待感や冒険感が一挙に表現されている。序盤のわくわくした気分をますます後押ししてくれる一曲である。

最初の国は帽子の国ですが、そちらはどこか排他的で怪しげな曲調です。それとこの曲を比べるだけでも、世界の広さを実感できますね。藤井さん作曲の『カブロン』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com