VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#067 『ダイナフォー』(久保直人/スーパーマリオ オデッセイ/NS)

www.youtube.com

3Dマリオ最新作のマリオオデッセイより、久保直人作曲、『ダイナフォー』。

序盤に訪れる滝の国ダイナフォーで流れます。

2002年のサンシャイン以来、実に15年ぶりの箱庭探索型のマリオである本作。「マリオ、世界の旅へ。」をキャッチコピーに、新たに相棒となるキャッピーと空飛ぶ帽子型飛行船・オデッセイ号とともに、地球のさまざまな国を渡り歩く。道中にはパワームーンと呼ばれるアイテムが、主に仕掛けを解くことで出現し、これを集めることでオデッセイ号をパワーアップし、次の国へと旅立てるようになる。

本作の楽曲はおなじみ近藤浩治氏のほかに、マリオやゼルダで経験を積んだ横田真人氏、気鋭の久保直人氏、近年スプラトゥーンで活躍している藤井志帆氏と辻勇旗氏、サックス演奏が得意な郷原繁利氏など、多くの作曲家が参加している。本作ではマリオ初のボーカル曲『Jump Up, Super Star!』を取り入れ、さらにはゲーム中にサウンドテストを搭載し、サウンドトラックは100曲を超える豪華な4枚組となっていることから、音楽面にも力を入れていることが窺える。

最初の国を離れて、二番目に訪れることになるのが、この曲が流れる滝の国ダイナフォーである。ステージは狭いが、本作で新しく登場したキャプチャーのアクションを堪能できるギミックが満載で、美しい滝の景観と、王者のごとき風格を表す恐竜の姿が特徴である。ストリングスで始まるイントロ、そこに伸び伸びとした笛の音が加わって、壮大なオーケストラ調で奏でられるこの曲は、世界の旅というテーマを反映した、冒険心くすぐる音使いが魅力である。サビに入る前の間奏ですこし溜めることで、そのあとに来る爽快なメロディが引き立つ効果を持ち、帽子の国の、どこか排他的で怪しげな曲調と比べるだけでも、世界の広さを実感できる仕上がりになっている。

帽子の国もいいですよ。遊び心に満ちた音色が絶妙に心地良い。というわけでボーカル曲の紹介はまたの機会にして、藤井志帆氏の『カブロン』をどうぞ。

www.youtube.com