VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#070 『愛のこもれび』(すぎやまこういち/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて/PS4・3DS)

www.youtube.com

PS43DSの二つの異なるプラットフォームで発売されたドラクエ11より、

すぎやまこういち作曲、『愛のこもれび』。命の大樹などで流れます。

2Dモードと3Dモード、通信要素も楽しめる3DS版と、3Dモードのみでありながらも広大な世界を堪能できる美麗なグラフィックが魅力のPS4版。携帯機と据え置き機という性能のまったく異なる二種類の媒体で同時発売された本作は、オンライン作品だった前作から、従来のスタンドアローン式に復帰したことにより、両機種とも絶大な売り上げを記録した。原点回帰を目指したこともあり、シナリオも世界観も手堅い仕上がりになっている。

本作の音楽を担当するのはおなじみすぎやまこういち氏。新曲は30曲ほどと大作RPGの割にはすくないが、その埋め合わせとして過去作の曲をところどころ流用している。シチュエーションによっては冒険を盛り上げたりノスタルジーを誘ったりと十分な効果を発揮する一方で、シンセ音源がミスマッチで新曲が印象に残りにくいと指摘する声も多く、賛否両論となっている。

そのなかでも本作の顔とも言えるのが、ストーリーの転換期に訪れる命の大樹にて流れるこの曲。双子の姉妹・ベロニカとセーニャの故郷である聖地ラムダに古来より伝わる、大切な人を喪った悲しみを歌った曲で、この曲の竪琴アレンジはセーニャ関連のイベントで頻繁に用いられる。笛とハープとストリングスの温もりあふれる音使いが、万物の根源たる大樹のテーマとしてふさわしく、その穏やかで心洗われる調べが、双子の姉妹の儚い宿命を象徴している。悲しみを感じさせない前向きなメロディは、過去に囚われず未来に突き進む冒険者たちの姿を彷彿させる。

3DS版のみプレイしましたが、申し分のないボリュームでしたね。クリア後が本編すぎるにもほどがありますが。