VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#071 『YOU CAN'T GO BACK』(青木佳乃/バトルネットワーク ロックマンエグゼ2/GBA)

www.youtube.com

カプコンがおくるデータアクションRPGロックマンエグゼより、

青木佳乃作曲、2の『YOU CAN'T GO BACK』。ゴスペルサーバーの電脳で流れます。

ロックマンシリーズのうち、トレーディングカード要素を前面に押し出したエグゼのナンバリング2作目として登場した本作。前作の事件から3ヶ月、平和に戻ったはずの世界に、原因不明のネットワーク破壊が各地で発生、真相を確かめるべく熱斗たちは再び立ち上がることになる。新システムとしてロックマンの姿かたちと能力が変化するスタイルチェンジが導入されたほか、戦闘面では肝となるチップの種類が増加、戦術の幅が広がると同時に、探索時にも消耗品のサブチップが使用できるようになった。前作からパワーアップし、より戦略性や冒険性、RPGらしさが増した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは青木佳乃氏。当時カプコンに所属していた作曲家で、ロックマンX3のPS版およびセガサターン版で編曲を担当したのをきっかけに、ロックマンシリーズに幅広く携わっている。本作では、海田明里氏が担当した前作の音楽性を受け継ぐ形で、青木氏が単独で作曲をおこなっていて、GBA音源を駆使した近未来的なエレクトロニックサウンドが揃っている。サウンドトラックはエグゼ3部作の楽曲を集めた音楽大全集に収録されている。

本作のラストダンジョンであるゴスペルサーバーの電脳は、仕掛けが一切存在しない直球勝負のエリアである。そこで流れるこの曲は、タイトル画面の曲『THEME OF ROCKMAN EXE2』のアレンジであり、同じ旋律を共有しながらも、それぞれ異なる印象を与える。どこか哀愁を帯びた泣きメロという風情があるタイトル曲を、音程をあげることで一気に疾走感あふれる勇壮な曲に仕上げていて、もう後戻りできない最後の戦いに向けての昂揚感を力強く演出する。1ループは短いが、GBAならではの素朴な音源の魅力と、クライマックスにふさわしい張り詰めた空気感が、見事に調和した一曲である。

エグゼ3のラスダンも同じく青木さんの作曲で、似たような方向性ですね。タイトルアレンジで、かつ音程違い、そして1ループが短い……。せっかくですので『THEME OF ROCKMAN EXE2』(上)に加えてエグゼ3の『FINAL TRANSMISSION』(下)もどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com