VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#073 『女神の詩』(若井淑/ゼルダの伝説 スカイウォードソード/Wii)

www.youtube.com

任天堂がおくるアクションアドベンチャーゼルダの伝説より、

若井淑作曲、スカイウォードソードの『女神の詩』。

オープニングで流れる、本作のメインテーマ。

ゼルダの伝説シリーズのうち、シリーズ25周年の節目の年に発売された本作。天空に浮かぶスカイロフトと、その下に広がる森、火山、砂漠の三つの地上世界を舞台に、騎士志望の青年リンクは、行方不明になった幼馴染のゼルダを探すべく、剣の精霊ファイの導きのもと、大いなる旅に出ることになる。ロフトバードと呼ばれる鳥と心を通わせることで、空を自由に駆け巡って冒険を繰り広げていき、Wiiモーションプラスの直感的な操作をそのままアクションに落とし込んだ独創的なプレイフィールを堪能できる。「濃密ゼルダ」というキャッチコピーに違わぬ歯応えのある仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは近藤浩治氏、はまたけし氏、藤井志帆氏、横田真人氏、若井淑氏。当時在籍していたがすでに退社済みのはま氏を除き、いずれも任天堂に所属する作曲家たちである。なかでも若井氏は本作ではサウンドディレクターを務めていて、本作のサウンドの要といっても過言ではない。本作では天と地の広大な旅を彩る、オーケストラ調の豊かな楽曲が揃っている。サウンドトラックは、25周年記念のコンサートで演奏された、一部の楽曲を収録した特典CDが存在するが、そのほかのオリジナルサウンドは未だ音源化されていない。

オープニングなどで流れるメインテーマにあたるのがこの曲である。広大な空を舞台とした本作にふさわしい、広々と開放感あふれる勇ましい旋律が特徴である。壮大なオーケストラで奏でられるキャッチーなメロディーは、ここからすべての伝説が始まるんだと言わんばかりの力強い迫力に満ちていて、非常に生き生きとした躍動感にあふれている。ちなみにこの曲にまつわる有名な逸話として、逆再生をするとおなじみ『ゼルダの子守歌』のサビになるという仕掛けもあり、音楽としての魅力と、どことなくゼルダらしい小粋な要素が加わった逸品に仕上がっている。

芸術と遊び心の融合ですね。