VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#074 『ENDING』(YMCK/PiCOPiCT/DSi)

www.youtube.com

ドット絵を彷彿させるDSiウェア専用のパズルゲーム・PiCOPiCTより、

YMCK作曲、スタッフロールで流れる『ENDING』。

シンプルな操作性と安価な値段設定をコンセプトにしたGBAbit Generationsの系譜をたどるArt Styleシリーズ。同時に2作発売された第一弾に続き、第二弾として登場した本作は、レトロ風の雰囲気を前面に出したブロック消しである。ピクトと呼ばれるブロックをドットに見立て、うまく配置していくことにより上画面にドット絵を描いていく仕組みになっていて、各ステージはどれもファミコンのソフトをテーマに構成されている。

本作の音楽を担当するのはYMCKの面々。チップチューンミュージュックのユニットとして世界的に活躍しているグループで、本作の世界観に合わせて壮大なレトロサウンドを展開した。楽曲は軒並み昔懐かしいファミコンゲーのアレンジであり、ステージの進行につれて音数が増える仕様になっている。思考力が試される難易度と相まって、ピクトとの真剣勝負を盛り上げてくれる。

やがてすべてのステージをクリアした暁に流れるこの曲は、まさに本作の集大成と言える豪華なアレンジである。本作オリジナルの『OPENING』の旋律を効果的に用いながら、ステージのテーマとして登場したマリオ、エキサイトバイクレッキングクルーゼルダデビルワールドアイスクライマーバルーンファイト、ベースボールの計8作の楽曲をメドレーで繋げている。なかには地下BGM(マリオ)の背景にバイクの走行音(エキサイトバイク)が伴奏の役割を果たす、などという一風変わった変化球も仕込んであり、細部までレトロを追求し尽くした本作にふさわしいエンディングを飾っている。

半ばジングルのようなオープニングをこんなに軽やかに小気味いいメドレーに発展させるとは圧巻です。音の繋ぎ目も違和感がなくて、素晴らしいですね。『OPENING』もどうぞ。

www.youtube.com