VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#077 『東方緋想天』(あきやまうに/東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody./PC)

www.youtube.com

上海アリス幻樂団黄昏フロンティアがおくる弾幕アクション・東方緋想天より、

あきやまうに作曲、『東方緋想天』。スタッフロールで流れます。

東方Projectの第10.5弾として、同人サークル・黄昏フロンティアが中心となって開発した本作。不可解な異常気象をめぐり、原因究明のために博麗霊夢霧雨魔理沙らは調査に出かけることになる。弾幕シューティングとは異なる弾幕アクションゲームとして、同ジャンルで2004年に頒布された第7.5弾の萃夢想のシステムを基本的に踏襲していて、さらに新要素としてキャラの増加、天候システムの導入など、より対戦の駆け引きを楽しめるギミックが搭載されるようになった。あらかじめ戦闘に使うデッキを編成するカードゲーム風の一面があったり、通信対戦にも対応しているなど、全体的に意欲的な仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはあきやまうに氏とZUN氏。あきやま氏は黄昏フロンティアに所属する作曲家で、ZUN氏は上海アリス幻樂団の主宰である。このうちあきやま氏は音楽のみならず背景グラフィックも担当している。本作では、既存曲の流用を除くとあきやま氏の作曲が大半を占めていて、既存曲に関しても、すべて氏が本作用に編曲を施した新規バージョンが起用されている。サウンドトラックはアレンジも含めて収録されている。

エンディングにおいて流れるこの曲は、タイトル曲の『緋想天』の旋律を用いたアレンジであり、さらには本作のゲーム名を冠した曲でもある。バイオリンとおなじみトランペットで奏でられる開放感あふれる豪華絢爛なメロディラインは、まさに集大成にふさわしい出来栄えで、疾走感のあるアコースティックギターによる伴奏が、壮大ながらもどこか哀愁にも似た寂寥感を漂わせている。サウンドトラックには尺を延長したセルフアレンジが収録されていて、そちらはチェロやピアノのほか、鐘の音が挿入される場面もあり、お祭り気分をいっそう豊かに盛り上げてくれる。

華やかだけどすこし切ない、祭りの後の侘しさのようなものが、とてもよく表現されていますね。『緋想天』と、セルフアレンジ版をそれぞれあわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com