VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#081 『幸せを侵し、未来を略奪』(藤田淳平/ワイルドアームズ クロスファイア/PSP)

www.youtube.com

ディアビジョンがおくる荒野と口笛のRPGワイルドアームズより、

藤田淳平作曲、クロスファイアの『幸せを侵し、未来を略奪』。

ヴァイスハイト戦で流れます。

西部劇とSFが融合したワイルドアームズシリーズのうち、初の携帯機用の作品として登場した本作。荒廃しつつある惑星ファルガイアを舞台に、元老院による民への圧政で苦しむエレシウス王国を救うべく、死んだはずの王女と瓜二つの少女・クラリッサは、身分を偽って建国騎士団・ブランクイーゼルを率いて戦うことになる。本作では従来とは異なり、ジャンルはシミュレーションRPGに変更されたが、戦争と後継を主軸に据えた熱いシナリオは、ジャンルが違えどワイルドアームズらしさを遵守した堅実なつくりとなっている。戦闘面ではバトル開始前に敵の情報を確認できるDERというシステムが導入されているなど、SRPGに不慣れでもじっくり攻略できるような配慮が徹底されている。

本作の音楽を担当するのはElements Gardenの四人(上松範康氏、菊田大介氏、藤田淳平氏、藤間仁氏)と甲田雅人氏。前作で不参加だったWAサウンドの要であるなるけみちこ氏は、オープニングとエンディングの作詞で活躍している。本作はシリーズ最多の作曲陣からなるバラエティ豊かな楽曲群が魅力で、特に戦闘曲を中心に、ストリングスをフィーチャーしたダイナミックなサウンドが数多く揃っている。サウンドトラックは主題歌も含めて収録されている。

作中幾度も対峙することになる謎多き武器商人・ヴァイスハイトとの戦いで流れるのがこの曲である。ストリングスとピアノをフュージョンした疾走感あふれる音使いが印象的で、さながらダンス・ミュージックのようなトランス風の音色は、随所で小気味よく響くビートと合わさって、戦闘を盛り上げる独特の浮遊感と恍惚感を併せ持つ。謎が謎を呼ぶヴァイスハイトの素性や、物騒の曲名とは裏腹に、王道を突き詰めたヒロイックなメロディーラインが非常に心地良い一曲である。

WAといえば第一に口笛ですが、口笛以外も良い曲あるよ……という好例ですね。