VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#082 『しんしん』(柳川和樹/フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~/PS4・PSV)

www.youtube.com

ガストがおくる錬金術RPG・アトリエより、

柳川和樹作曲、フィリスの『しんしん』。北アウロ雪原と南アウロ雪原で流れます。

錬金術を題材にしたアトリエシリーズのうち、通算18作目にしてソフィーのアトリエに続いて不思議シリーズ第2弾として登場した本作。地中の街に暮らし、外界に強い憧れを持つ少女・フィリスは、錬金術との出会いをきっかけに旅に出ることになる。コンセプトはずばり旅で、拠点となるアトリエも移動式のものであるなど、今までとは毛色の異なるゲームシステムが搭載されている。日数制限が復活したほか、戦闘システムは一人ずつ行動するコストターン制に回帰していて、新旧要素を詰め込んだ仕上がりとなっている。

本作の楽曲を担当するのは阿知波大輔氏、阿部隆大氏、柳川和樹氏、矢野達也氏の主に四名である。加えて一部のボーカル曲は南壽あさ子氏となるけみちこ氏が手がけている。阿知波氏、柳川氏、矢野氏はいずれも当時ガストに所属していたおなじみの作曲家たちである。過去作をいくつか担当していた浅野隼人氏は本作は作曲には不参加だが、ピアノやオルガンの演奏に携わっている。本作では今まで以上にバラエティ豊かな旅の風景にあわせて、多種多様な楽曲が揃っている。サウンドトラックはインストゥルメンタルのものを収録したものとボーカル曲を収録したアルバムとが発売されている。

一面銀世界に覆われた北アウロ雪原および南アウロ雪原で流れるこの曲は、雪景色ならではの切なさを、どこかドラマチックに響く曲の展開のなかに漂わせている。イントロの煌びやかな高音と裏拍を取るピアノの音色には、厳寒の大地を彷彿させる冷たさがあり、そこにストリングスや鐘の音が加わることで、きらりと輝く雪結晶の美しさを表現している。夜になると主旋律を奏でていた鐘は鳴り止み、ピアノとストリングスのみの物静かなアレンジに移り変わる。しんと静まり返った様子と、しんしんと降り積もる雪の情景が、同時に脳裏に浮かぶ仕上がりとなっている。

現実世界でもゲームの世界でも雪は大好きです。『しんしん~夜~』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com