VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#082 『しんしん』(柳川和樹/フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~/PS4・PSV)

www.youtube.com

素材を調合して道具をつくるアトリエシリーズ第18作・フィリスのアトリエより、

柳川和樹作曲、『しんしん』。北アウロ雪原と南アウロ雪原のフィールド曲。

錬金術を題材にしたアトリエシリーズ。年に一作以上の非常に短い間隔で続編が発売されることで知られるが、一方でメインとなるゲームのシステムは随時改変が加えられている。第18作目および不思議シリーズ第二部の本作は、旅という珍しいテーマを取り扱っていて、拠点となるアトリエも移動式のものであるなど、革新的な要素がすくなくない。広くて多彩なフィールドが多く登場する本作は、旅の醍醐味を実感させるつくりになっている。

本作の楽曲を担当するのはおなじみガストの面々。過去作をいくつか担当していた浅野隼人氏は作曲に関しては不参加だが、本作ではピアノやオルガンの演奏に携わっている。第11作目のロロナ以降、数多くの曲をつくっている柳川和樹氏をはじめとする複数の作曲家たちによる楽曲群は、多種多様なフィールドに合わせて多種多様な旋律を奏でている。

一面銀世界に覆われた北アウロ雪原および南アウロ雪原で流れるこの曲は、雪景色ならではの切なさを、どこかドラマチックに響く曲の展開のなかに漂わせている。イントロの煌びやかな高音と裏拍を取るピアノの音色には、厳寒の大地を彷彿させる冷たさがあり、そこにストリングスや鐘の音が加わることで、きらりと輝く雪結晶の美しさを表現している。夜になると主旋律を奏でていた鐘は鳴り止み、ピアノとストリングスのみの物静かなアレンジに移り変わる。しんと静まり返った様子と、しんしんと降り積もる雪の情景が、同時に脳裏に浮かぶ仕上がりとなっている。

現実世界でもゲームの世界でも雪は大好きです。あと旅も好きです。旅先の雪原でもしこんな音色が聴こえきたら成仏できそう……なんて冗談はさておき、『しんしん~夜~』をどうぞ。

www.youtube.com