VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#085 『ダーククラウド・メインテーマ』(西浦智仁/ダーククラウド/PS2)

www.youtube.com

レベルファイブのデビュー作・ダーククラウドより、西浦智仁作曲、

ダーククラウド・メインテーマ』。タイトル画面で流れます。

レイトンシリーズやイナイレシリーズ、妖怪ウォッチなどで知られるレベルファイブ。デビュー作となる本作の発売二年前に設立したばかりで、無名に等しかった当時、PS2初期の本格的なアクションRPGとして、得意の3Dグラフィックによる高い技術力を見せつけた。国内の売り上げは振るわなかったものの、反省点を踏まえて修正された海外版はミリオンセールスを記録し、後にドラクエ8の開発に携わったこともあって、知名度を一気に向上させることとなった。キャッチコピーの『世界を作るRPG』にある通り、魔人に滅ぼされた世界を再生するために、街づくりをしながら敵を倒していくという独特なゲーム性は、一部で未だに根強い人気を誇っている。

本作の音楽を担当するのは、会社創立時からのメンバーであるレベルファイブ所属の西浦智仁氏。本作は作曲家としての処女作でもある。アコーディオンフィドルを用いた異国情緒漂う楽曲を中心に、癖になるエスニックサウンドを多く作曲し、後にこの作風は人気作のレイトンシリーズへと受け継がれることとなる。

タイトル画面の禍々しい城の映像とともに流れ出すこの曲は、グラフィックとサウンドの双方が新たな冒険への期待を高めてくれる。イントロのザイロフォンによる焦らしの旋律がパーカッションと合流し、次に現れるギターとストリングスが情緒豊かにしなやかな音色を奏でるなか、ところどころにカスタネットの軽やかな打音が鳴り響く。さらに要所要所で開放感あふれるフルートの音がストリングスと合奏することで、切ないなかにも一縷の希望を見出せる仕上がりとなっている。

続編のダーククロニクルではラスボス戦に流れたり、サントラにはボサノバ風のアレンジトラックが入っていたり。イントロはピアノで、主旋律はストリングスのかわりにクラシックギターが務めますが、こちらも何とも言えない心地良い哀愁が漂っていてなかなか素敵です。というわけでボサノバ版をどうぞ。

www.youtube.com