VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#092 『極めて近く、限りなく遠い世界に』(落合貴子・十一谷明広/スーパーロボット大戦A/GBA)

www.youtube.com

種々様々なロボットが夢の共演を果たすスパロボシリーズより、

落合貴子・十一谷明広作曲、Aの『極めて近く、限りなく遠い世界に』。

タイトル曲にして最終面のステージ曲。

いろんな作品からいろんなロボットが登場し、熱い大戦を繰り広げるというロマン溢れるプロットが特徴のスパロボシリーズ。新世代のロボットたちを取り入れながら常に進化を続ける良質なクロスオーバーが長きにわたって人気を集めている。本作はシリーズ初のGBA作品として、操作性は発展途上であるなか、パラレルワールドをテーマに、原作の長所と二次創作ならではの絶妙な掛け合いを活かしたシナリオが魅力である。

本作の楽曲を担当するのはクインテット所属の落合貴子氏と十一谷明広氏。両名ともシリーズでの作曲は初めてで、以降落合氏はDまで、十一谷氏はJまでサウンドに携わることとなった。原作からの版権曲をGBA音源でアレンジしたもののと、本作初出のオリジナル曲が混在するなか、どちらも影を潜めることなく相応の存在感を放っている。

タイトル画面で流れ、そして最終ステージでも流れるこの曲は、最終話のサブタイトルであると同時に、本作のキャッチコピーでもある。平行世界という主題を、一見矛盾しているように感じられる文言で表現することで、この曲に内包される、熱くて前向きな、その実どこか胸を締め付けられる哀愁漂うメロディーラインを引き立てている。まっすぐ突っ走る旋律と、その後ろで奏でられるアルペジオ、サビの直前で鳴り響くオーケストラヒットが交錯してつくりだす調べは、負けるわけにはいかない力強さを演出する。

サブタイともキャッチコピーともメインテーマとも一致する曲名ですから、統一感に対するこだわりが窺えますね。幾度かアレンジされていますが、数が多いので紹介は割愛します。