VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#103 『One Who Craves Souls』(木田俊介/Demon's Souls/PS3)

www.youtube.com

キングスフィールドの系譜をたどるフロムのDemon's Soulsより、

木田俊介作曲、『One Who Craves Souls』。バッドエンドの曲。

中世の陰鬱な世界観を下敷きに、初見殺しが飛び交う廃墟のステージを練り歩く本作。決して万人受けでないながらも、その歯応えのある難易度と魅力あふれる硬派なゲームバランスが、国内のみならず海外でも高く評価されている。適度に緊張感のあるオンラインプレイも概ね好評で、本作以降、システム面などを中心に磨きをかけたDARK SOULSやBloodbourneといった同じ流れを汲む良作が次々と誕生した。

本作の音楽を担当するのは木田俊介氏。氏は映画やドラマの劇伴で活躍する一方、ゲーム音楽では主にビーマニのpop'n musicへの楽曲を提供している。幅広い分野での活躍を通じて培った豊かな音楽性は、本作においてもダークファンタジーな世界観に見合った重厚なオーケストラサウンドを創出するに至った。

暗く、怪しげな雰囲気が一貫して漂う本作のバッドエンドを飾るこの曲は、陰惨な趣を滲ませながらも、優雅な風情を醸している。美しく調和のとれたピアノとストリングスの音色が奏でる旋律は、居心地の悪さを感じさせる不気味な半音を用いつつ、その退廃のなかに身を委ねたくなるような独特の安寧をもたらす。曲名は直訳すると魂(ソウル)を渇望する者となり、本作ではゲームタイトルにある通りソウルが重要な役割を果たしていることから、シチュエーションにマッチした完璧なネーミングとなっている。

グッドエンディングの、あんまりグッドな感じがしないアンニュイな曲も良いですね。KOKIAさんの透き通るコーラスが切なくて、儚くて、美しくて。『Return to Slumber』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com