VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#108 『ジョード~運命のとらわれ人』(杉森雅和/ゴーストトリック/NDS)

www.youtube.com

カプコンがおくるアドベンチャーゴーストトリックより、

杉森雅和作曲、『ジョード~運命のとらわれ人』。ジョード関連のシーンで流れます。

逆転裁判シリーズで知られる巧舟氏がディレクターを務める本作。命と記憶を奪われた主人公・シセルは、タマシイとなって自らの死の真相を探るために、一夜限りの追跡劇を繰り広げることになる。物体に憑依する能力・トリツクと、トリツいた物体を動かす能力・アヤツルを駆使してトリックを暴いていく新感覚の謎解きが特徴である。逆裁譲りのカラっとした世界観に、オカルトとミステリーが入り混じった奇妙奇天烈な作風が融合した、斬新さが光る仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは杉森雅和氏。当時、音楽制作会社デザインウェーブに所属していた作曲家である。かつてカプコンに在籍していた頃に、初代の逆転裁判の作曲を務めた経歴があり、本作のサウンドにおいても作品全体を通して見え隠れする逆転裁判らしさを受け継いでいる。風変わりな死生観が蔓延する本作では、謎が謎を呼ぶシナリオにふさわしい、ミステリアスでありつつも情熱的な楽曲が多く揃っている。サウンドトラックは限定盤の特典として同梱されていたほか、デジタル配信もされている。

逆裁よろしく各キャラにテーマ曲が割り振られる本作において、ジョードは一際悲劇的な物語を背負った登場人物である。その彼のテーマ曲であるこの曲は、小刻みに同じフレーズを繰り返すことで、キャッチーでアップテンポな音使いのなかに確かな哀愁を滲ませている。中盤で挿入されるチップチューンの音色は、過去に縛られ続けているジョード自身の運命を象徴しているかのような印象を与え、穏やかながらも力強い余韻を漂わせている。

キャラクターの雰囲気といい、曲の雰囲気といい、なんとなくですがイトノコ刑事のテーマ曲に似ているような気がします。

thytimes.hatenablog.com