VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#110 『決戦! 四天王』(景山将太/黒騎士と白の魔王/iOS・And)

www.youtube.com

すべてにおいて別格を謳うスマホRPG・黒騎士と白の魔王より、

景山将太作曲、『決戦! 四天王』。クエストの四天王戦で流れる戦闘曲。

圧倒的な世界観と圧倒的なやり応えを謳い文句に、神獄のヴァルハラゲートで知られるグラニの第2作目として登場した本作。前作と同様のダークファンタジー路線を継承しつつ、高難度なクエストほどプレイヤー間の連携が欠かせない戦闘の駆け引きが特徴となっている。開発当初から別格という表現を用いてプロモーションしていたこともあり、戦闘以外にも全編を通して豪華なグラフィックや手の込んだアニメーションを堪能することができる。

本作の音楽を担当するのは景山将太氏と下村陽子氏。下村氏の作曲はごく一部で、主に景山氏が中心に作曲をおこなっている。生演奏にこだわって、遥かプラハにまで赴いてドヴォルザークホールにてチェコフィルの演奏をレコーディングするなど、サウンド面においては並々ならぬ力の入れようが窺える。基本楽曲を収録したミニサントラは、公式の企画への参加者向けの特典になっているなど入手方法が限られていて、フルサントラの一般販売が待望される。

ストーリーモードにおいて、四天王とのバトルで流れるこの曲は、戦闘に至るまでの演出やシナリオの経緯が相まって、否応なしにテンションを盛り上げてくれる。ボイス付きの四天王の台詞とともに流れ出すエレキギターのイントロは、その後ストリングスとブラスが加わることにより、オーケストラならではの重厚感が増す。秒刻みで戦術の構築を要求される本作において、終始ハイペースで奏でられる旋律は、予断を許さない状況を見事に体現している。

曲のネーミングセンスは景山さんのポケモン時代の名残でしょうか。ちなみに本作では敵の残りHPがすくなくなると曲が切り替わるのですが、これがなかなかに爽やかで、力がみなぎります。負けるときは負けるけど。というわけで、『掴め、大いなる勝利』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com