VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#112 『Planet Wisp - Act 1』(床井健一/ソニック カラーズ/Wii・NDS)

www.youtube.com

WiiとDSのマルチプラットフォームで発売されたソニックカラーズより、

床井健一作曲、『Planet Wisp - Act 1』。同名のステージで流れます。

目まぐるしい速度によるハイスピードアクションを持ち味とするソニックシリーズ任天堂の据え置き機・Wiiと携帯機・DSの両方で発売された本作は、それぞれのハード性能に合わせて、一部異なるプレイ要素を提供している。本作では初めてアメリカ人のシナリオライターを起用し、遊園地を舞台に繰り広げられるコミカルなストーリーが、「楽しむ」というコンセプトに重点を置いた軽妙な仕上がりになっている。

本作の音楽を担当するのはセガ所属の大谷智哉氏や床井健一氏、幡谷尚史氏などを筆頭とする総勢七名の作曲家たちである。これにさらに編曲のみではあるがLarry Hochman氏も参加し、非常に賑やかな顔ぶれとなっている。なかでも床井氏は本作のサウンドディレクターを務めていて、鮮やかな色彩をテーマとする本作にふさわしい、ヴィヴィッドでハイブリッドな楽曲が揃っている。

凄まじいグラフィックで彩られる、自然と科学が融合したプラネットウィスプのステージで流れるこの曲は、疾走感あふれるピアノの音色のなかにクールな落ち着きを漂わせている。終始スピードを落とすことなく、大胆に曲調を変えることもなく繰り返されるメロディーラインは、ときどき荒っぽく唸るエレキギターによって洗練された雰囲気を醸す。機械に侵食されていく大自然の哀愁と、そのなかを颯爽と駆け抜ける心地良さを見事に表現している。

Act2ではもっとエレクトロニックな感じになると言いますか、機械っぽい音が加わって、Act3ではさらに無機質な響きへと変遷していくのですが、それでも相変わらずピアノの音は美しくて、無機質ながらも決して無感情ではない、起伏に富んだアレンジがどれもスタイリッシュで素晴らしいです。『Planet Wisp - Act 2』(上)と『Planet Wisp - Act 3』(下)、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com