VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#116 『vs 和風な妖怪』(西郷憲一郎/妖怪ウォッチ2 元祖/本家/3DS)

www.youtube.com

レベルファイブがおくるRPG妖怪ウォッチより、

西郷憲一郎作曲、2の『vs 和風な妖怪』。和風な妖怪とのボスバトルで流れます。

妖怪ウォッチシリーズのうちナンバリング2作目にあたる本作。突如消えてしまった妖怪ウォッチをめぐり、やがては過去にタイムスリップして妖怪ウォッチ誕生に迫ることになる。現代のみならず過去の町を探索しつつ、小さな悩みから大きな事件まで妖怪絡みの案件を解決していく。複数バージョンになったことから、双方の間で一部ストーリーや出現妖怪が異なっていて、後にマイナーチェンジ版として新エピソードを追加した真打が登場した。

本作の音楽を担当するのはレベルファイブ所属の西郷憲一郎氏。シリーズ通して単独で作曲している氏は、前作を遥かに凌駕する楽曲の数を本作のために作曲した。幅広い世代に親しまれることを念頭に、キャッチーで明快なメロディーラインをつくるというコンセプトのもと、ちょっぴり不気味だったりちょっぴり和風だったりといった、妖怪を題材にしているからこその曲調が特徴である。サウンドトラックは前作の楽曲や劇場版のエンディング曲などとあわせて一つのアルバムに収録されている。

パロディ要素やコミカルな描写が多い、どこかおちゃらけた雰囲気が漂う本作において、カブキロイドなどのボス戦で流れるこの曲は、本格的な和とロックの融合である。尺八や三味線といった和楽器をふんだんに用いながら、シャープなエレキギターの音色を組みあわせることで、戦闘曲にうってつけな派手な昂揚感を生み出すとともに、和の心に染み渡る穏やかな郷愁を誘う。ループ直前の間奏において、怒涛の三味線のあとに続く、本作ならではのおどけた音使いが、いつ何時も遊び心を忘れない姿勢を彷彿させる。

古風な民族楽器に今時なエレキサウンドが混ざる、というのは過去と現在をテーマにしている本作にぴったりな音のチョイスですね。