VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#117 『終わりなき旅路』(植松伸夫/ロストオデッセイ/X360)

www.youtube.com

ミストウォーカーがおくるRPGロストオデッセイより、

植松伸夫作曲、『終わりなき旅路』。ワールドマップの曲。

FFシリーズの生みの親である坂口博信氏率いるミストウォーカーの完全新規タイトルとして登場した本作。機械文明と魔法が高度に融合し、魔導産業革命を迎えた世界を舞台に、千年の時を生きる不死で記憶喪失の傭兵・カイムは、突如出現した小惑星の調査をめぐり冒険を始め、やがては己の正体を知ることになる。坂口氏が製作の指揮を務め、作中で挿話されるサウンドノベルは作家の重松清氏が執筆するなど、オーソドックスな冒険譚ながらも実験的な要素を多く含んでいて、丁寧につくりこまれたゲーム性と相まって手堅い完成度を誇る。

本作の音楽を担当するのは植松伸夫氏。編曲のみの参加で中山博之氏と辺見さとし氏も携わっている。このうち植松氏はおなじみFFサウンドの生みの親であるフリーランスの作曲家で、氏が音楽を手がけることで、どことなく漂う本作のFFらしい雰囲気に拍車をかけている。とりわけ凄まじいインパクトを有するラスボス戦の『亡魂咆哮』を筆頭に、氏の真骨頂ともいえる独特で味わい深い楽曲が数多く揃っていて、ロックにオーケストラにラップなど、目移りするほど表情豊かな音楽が楽しめる。サウンドトラックはボーカル曲も含めて収録されている。

ワールドマップで流れるこの曲は、哀愁と郷愁が入り混じる寂寥感あふれる一曲である。アコースティックギターケーナサンポーニャと思しき笛の音、という王道の組み合わせで奏でられる叙情的な旋律は、FF11の『Ronfaure』に通ずる静けさと穏やかさを併せ持つ。と、そこで1分40秒過ぎたあたりで唐突にハードなエレキギターの音色が轟き渡り、しばらく暴力的なまでに主旋律をかっさらうと、また何事もなかったかのようにアンデス風の民族調に逆戻りする。落差の激しいこうした曲調が、悠久の旅の凄絶さを表現している。

ロンフォールは安眠できますが、この曲は寝落ちしそうになる度に強引に引き戻されるような感じですかね。話に出た『亡魂咆哮』、心してお聴きください。

www.youtube.com

thytimes.hatenablog.com