VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#122 『久遠寺有珠』(深澤秀行/魔法使いの夜/PC)

www.youtube.com

TYPE-MOONがおくる伝奇ビジュアルノベル魔法使いの夜より、

深澤秀行作曲、『久遠寺有珠』。

作中に登場する同名のキャラクターのテーマ曲で、読みは「くおんじありす」。

TYPE-MOONの同人サークル時代の出世作月姫との関わりが深い本作。魔法使いが現存する1980年代暮れの都市を舞台に、見習い魔法使いの蒼崎青子とその師匠・久遠寺有珠は、ひょんなきっかけで田舎から引っ越してきた男子学生・静希草十郎と奇妙な同居生活を送ることになる。選択肢や分岐が一切存在しない一本道の物語で、日常と魔術が交錯する複雑で味わい深いシナリオが特徴である。純粋なビジュアルノベルとしての魅力を引き出した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはJames Harris(永田大祐)氏、hil氏、KATE(芳賀敬太)氏、深澤秀行氏の四名。TYPE-MOON作品でおなじみの顔ぶれが多いなか、深沢氏は当時、音楽制作会社ウィズ・アウトに所属していた作曲家である。深澤氏はメインテーマをはじめとする多くの楽曲を作曲し、本作特有の洗練された雰囲気に合わせてピアノやストリングスといったクラシカルな楽器をふんだんに用いている。また、実際にクラシック音楽をアレンジしたものもいくつか収録されている。サウンドトラックはオリジナル版と、深澤氏自らが手がけるセルフアレンジアルバムが発売されている。

生粋の魔女である久遠寺有珠は、蒼崎青子とあわせて本作のダブルヒロインだが、その彼女のテーマ曲として流れるのがこの曲である。色白で華奢、表情に乏しい美少女というクールな一面と、その実、執着心が強く激情家な一面が入り混じるキャラクター性を、素朴で簡潔な三拍子で表現している。繰り返し同じフレーズを奏でることで人形のような静けさを、それでいて何度も何度も主旋律をバイオリンとピアノとフルートで力強く反復することで彼女の内なる情熱を想起させる。

三拍子ならではの、落ち着いているようでどこか不安定な感じが、彼女にぴったりな気がします。