VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#124 『激闘!』(足立美奈子/Riviera ~約束の地リヴィエラ~/WSC)

www.nicovideo.jp

スティングがおくるファンタジーRPG・約束の地リヴィエラより、

足立美奈子作曲、『激闘!』。ボス戦で流れます。

スティング製のRPG群・Dept. Heaven Episodesシリーズの第1作にあたる本作。かつて神々が自らの存在を犠牲に魔族の侵攻を退けた悠久の地・リヴィエラにて、千年の時を経て再び魔族復活の兆しが確認されたことをきっかけに、神罰を下すべく二人の告死天使が舞い降りることになる。RPGでありながらアドベンチャーゲームやノベルゲームに例えられる一風変わったゲーム性が特徴で、膨大なテキスト量で彩られる独特なファンタジーの世界観が魅力である。そのうえ当時としては斬新なハーレム要素やお色気シーンも惜しみなく投入されているなど、多方面で意欲的な仕上がりとなっている。GBAPSPへの移植に際してキャラクターデザインを変更し、ボイスを追加するなど、変更点もすくなくない。

本作の音楽を担当するのは足立美奈子氏。当時、音楽制作会社ピュアサウンドに所属していた作曲家である。本作以降、D.H.Eシリーズサウンドに長く携わることになる。本作では、波形メモリ音源から成るワンダースワン音源の性能を余すことなく引き出した情熱的な楽曲が揃っていて、特に戦闘曲はどれも疾走感たっぷりの出来栄えである。サウンドトラックはフルアレンジを施したものと、PSPGBA・WSC音源をすべて網羅したPerfect Audio Collection Plusが発売されている。

上記動画の開始~1分52秒あたりまでがワンダースワン音源(以降、GBA音源→PSP音源→フルアレンジ)。ボス戦において流れるこの曲は、一際インパクトの強いイントロの後、しなやかに伸び伸びと勇壮なメロディーラインが奏でられる。ともすればノイズにも聴こえ兼ねないざらついたパーカッションは、戦闘の激しさを表現するにふさわしい荒っぽさがあり、キレのある主旋律と相まって迫力満点な一曲に仕上がっている。

GBA版は全体的に丸みを帯びたアレンジと言いますか、WSCほど尖った感じはしませんが、これはこれで聴き心地が良いです。PSP版は音源が一段と進化したこともあり、エレキギターを用いたヴィヴィッドなアレンジになっていて、これもなかなか。個人的にはWSC版推しです。