VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#125 『廃獄ララバイ』(ZUN/東方地霊殿 ~ Subterranean Animism./PC)

www.youtube.com

上海アリス幻樂団が手がける弾幕シューティング・東方Projectより、

ZUN作曲、地霊殿の『廃獄ララバイ』。5面の道中で流れます。

東方Projectのシリーズ第11弾として2008年の夏コミにて頒布された本作。突如湧き出た間欠泉とともに現れた地霊をめぐり、またもや霊夢たちは異変の原因を探ることになる。自機とあわせて武器の代わりに支援キャラを選択し、力を借りながら異変を解決していくというシステムを取っていて、スコア稼ぎの要素として新登場した交信強度により、自機を画面の上部に移動させるか、敵弾にかするかして、ゲージを溜めていくことで、得点アイテムを入手した際にボーナスがつく仕組みとなっている。弾の速さや多さに圧倒され兼ねない、比較的シビアな難易度に仕上がっている。

本作の楽曲を担当するのはZUN氏。おなじみ上海アリス幻樂団の主宰である作曲家兼マルチクリエイターである。本作では変拍子や効果音といった変化球を楽曲のなかに組み込むことで、楽曲全体に独特な味わい深さを生み出している。例の如くMusic Roomには神主のコメントも用意されていて、楽曲ごとに様々な工夫が凝らされている様子を窺うことができる。

全体的に難しいとされる本作のなかで、特に鬼畜とされる5面「昔時の業火」。そのステージ曲として流れるこの曲は、吹き荒ぶ突風の呻き声から始まる。15秒ほどしてようやくそれがおさまると、今度はアコースティックギターの音色が物悲しげに奏でられ、民謡風の哀愁と郷愁をたっぷり漂わせた旋律へと繋がっていく。お得意のトランペットを交えて中盤にかけて盛り上がりを見せた後、最後に再び風の音を響かせ、灼熱の地獄に送る子守歌にふさわしい、狂気的な穏やかさで締めくくる。

最初と最後の風の音がいいですよね。