VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#126 『The valedictory elegy』(桜庭統/バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子/GC)

www.youtube.com

モノリスソフトトライクレッシェンドがタッグを組んで共同開発した、

ゲームキューブの大作RPGバテンカイトスより、桜庭統作曲、

2の『The valedictory elegy』。通常戦闘曲。

ゼノシリーズを筆頭に、奥深い世界観形成を得意とするモノリスソフトと、ヴァルキリープロファイルスターオーシャンといったトライエース作品のサウンド部分を多く担当してきたトライクレッシェンド、その両社が手を組んで世に送り出した完全新作RPGバテンカイトス。二作目にして今のところシリーズ最後の作品である本作は、前作よりも過去の出来事を描いており、好評を得た前作の魅力を殺すことなく完成度の高さを維持している。その型破りなゲーム性とスリリングな戦闘システムは未だに根強い人気を誇り、続編やリメイクを望む声も絶えない。

本作の音楽を担当するのは前作同様に桜庭統氏。日本テレネットウルフチームに所属していた経緯から、そこから独立して設立されたトライエースとは縁があり、そのトライエースに馴染み深いトライクレッシェンドが製作する本作においても、作曲家としての手腕を遺憾なく発揮している。神秘的で幻想的な世界観を表現するにあたって、前作の楽曲のアレンジも交えながら、戦闘曲を中心に氏の真骨頂と言わんばかりの名曲が数多く揃えられている。

シリーズ最大の特徴である独特な戦闘システムゆえに長丁場になりやすいバトルを盛り上げてくれるのが、1ループ3分近くに及ぶこの曲である。前作の『The true mirror』と同じく主旋律をバイオリンに委ねているが、前作に比べテンポが改善された本作の洗練された戦闘システムに合わせて、よりスピーディーな曲調となっている。全編サビと評されるほど勢いのある疲れ知らずのメロディーラインは、三連符や転調を効果的に用いながらループに至るまで一切の隙を見せることなく展開され、戦闘のエッセンスが結集された傑作である。

ギターアレンジが収録されている他、スマブラforではさらに力強さが増したセルフアレンジがあります。後者は間奏に新パートが加えられていたり、よりバイオリンが厳めしく……ロックっぽい仕上がりになっています。以下に紹介するのは『The valedictory elegy(guitar ver.)』(上)とforの同名の楽曲『The valedictory elegy』(下)。『The true mirror』はまたの機会に。

www.youtube.com

www.youtube.com