VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#132 『アビラス』(さかいようこ/トマトアドベンチャー/GBA)

www.youtube.com

アルファドリームがおくるアクションコマンド型RPGトマトアドベンチャーより、

さかいようこ作曲、『アビラス』。ラスボス戦で流れます。

アルファドリームの初期の代表作である本作。子どもしかいない国・ケチャプー王国を舞台に、トマトを食べられないトマト嫌いの子どもたちはドロッパーズと呼ばれ、辺境の地に隔離されていたが、ガールフレンドを国王にさらわれたことを理由に、ドロッパーズのデミルが冒険の旅へと出ることになる。可愛らしいグラフィックとは裏腹にディストピアな雰囲気を漂わせる本作は、数々のギミックと呼ばれる武器を用いた一風変わった戦闘システムが特徴で、タイミングを見極めたり連打したりして適切にコマンドを入力し、必殺技に相当するすごいのメーターを溜めてアクション性のある戦闘をこなしていく。個性的な魅力にあふれた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはさかいようこ氏。情報がすくないため、漢字表記・所属ともに不明だが、本作の作曲を単独で手がける作曲家である。本作では、ポップな世界観にあわせて明るい曲が多いが、ところどころにショッキングな内容とともに挿入されるホラーテイストな曲もすくなくなく、トラウマチックなインパクトを持つものもある。GBA独特の音源を駆使してつくられた楽曲はどれも良質で、サウンドトラックこそ未発売だが、作中のサウンドテストで曲名の正式名称が明かされている。

ラストバトルで流れるのがこの曲である。ピアノを小刻みに響かせ、不安を煽る怪しげなイントロから始まり、不穏な空気に包まれたところで、キャッチーなメロディーへと繋がる。そのシリアス一辺倒な旋律は、ラスボスの強さゆえに一筋縄ではいかぬ戦闘、その戦闘を彩る不思議なギミック、それらの要素を焦燥感たっぷりに盛り上げてくれる。フレーズの繰り返しが多く、ループに至るまでの尺もそう長くないが、絶妙に耳に残るような一曲である。

CMを観返したらいろいろとやられました。