VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#133 『“Metal Gear Solid”Main Theme』(Harry Gregson-Williams/メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ/PS2)

www.youtube.com

コナミがおくるタクティカルエスピオナージアクション・メタルギアより、

岩瀬立飛作曲・Harry Gregson-Williams編曲、

MGS2の『“Metal Gear Solid”Main Theme』。本作のメインテーマ。

ステルスアクションの金字塔・メタルギアシリーズの通算4作目、ソリッドのナンバリング2作目として登場した本作。前作のシャドー・モセス島事件から二年後、闇市場で急速に拡散したメタルギアの亜種を調査・破壊すべく、ソリッド・スネークは再び戦うことになる。ストーリーはタンカー編とプラント編(タンカー編からさらに二年後の物語)の二部構成となっていて、後者はスネークではなく新主人公・雷電の活躍を描いている。三人称視点に加えて主観視点で武器を扱えるようになったほか、敵の背後に回って銃を構えるホールドアップの導入により、効果的に無力化できる新アクションが追加された。その他、長丁場になりがちだが美麗さに磨きがかかったムービー、複雑に絡み合ったシナリオなど、随所に意欲的な要素が組み込まれた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはHarry Gregson-Williams氏と日比野則彦氏。歌ものに関してはジャズやヒップホップのジャンルで活躍する村中りか氏が担当している。Gregson-Williams氏はハリウッドで活躍する劇伴作曲家で、日比野氏は当時コナミに所属していた作曲家である。よりダイナミックに、映画的な演出が強化された本作にあわせて、Gregson-Williams氏はイベントやムービーシーンを中心に、日比野氏は戦闘シーンを中心に作曲している。サウンドトラックは2種類あり、一方は主にGregson-Williams氏によるムービーシーンの楽曲が収録されていて、もう一方は日比野氏による戦闘シーンの楽曲が収録されている。

トレイラーやオープニングムービーで流れるこの曲は、その名が冠する通り、本作のメインテーマである。イントロの圧倒的な静けさのなかに冷たい機械音が響き渡るうち、だんだんとストリングスのアンサンブルが緊張を高めていくと、ある一点で唐突にアグレッシブなビートが始まる。その上をさながら烈火のごとく挑みかかるような調子のストリングスが奏でられると、解放的で美しい、しなやかで勇ましい主旋律へと繋がっていく。そこでまた唐突に静かになり、二転三転と曲調を変えていくことで、複雑に絡み合ったドラマチックな様相を呈する。最後のサビではコーラスも交えて壮大に締め括ることにより、大作としての期待を裏切らない重厚さを併せ持つ。

元々の旋律の良さをいろいろと味付けしてさらに素晴らしいものに昇華した、といった印象です。原曲(『METAL GEAR SOLID MAIN THEME』)も聴きましょう。

www.youtube.com