VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#136 『TowerFall』(Alec Holowka/TowerFall/OUYA)

www.youtube.com

スマブラライクなインディーズ2D対戦アクション・TowerFallより、

Alec Holowka作曲、『TowerFall』。メインテーマにしてタイトル画面の曲。

バトルロイヤル形式で最大4人までのローカル対戦に特化した本作。レトロ風味なグラフィックで繰り広げられる弓矢を使ったシンプルながら奥深いアクションがリリース以来好評を博している。日本では未発売・未対応のOUYAというアメリカ産マイナーハードで発売されたが、後にAscensionの名を冠してPCやPS4、Vitaなど、多くのメジャーなゲーム機に移植され、さらに今後XboxOneやスイッチへの移植も予定されていることから、これからの動向が注目される。

本作の音楽を担当するのはAlec Holowka氏。インディーズのゲーム会社を営むことから、作曲以外にもプログラマーやゲームデザイナーの仕事もこなす。最近では氏がデザイナー・プログラマー・作曲家を兼任したNights in the Woodsがいくつかの賞を受賞するなど、目覚ましい活躍ぶりが見受けられる。本作では音楽にのみ携わっているが、Ascensionの名で移植されるにあたって曲をリファインしたり、エキスパンションのDark Worldでも専用の新曲を書きおろすなど、精力的に活動している。

タイトル画面で流れるこの曲は、穏やかで落ち着きのあるケルト調の音使いが特徴である。柔らかいハープと透明感のある笛の音に加え、寂寥感あふれるフィドルやイリアンパイプスのファンタジックな音使いが独特な安寧をもたらす。Ascensionのアレンジでは曲の尺が倍増し、こちらはよりヴィヴィッドでセンチメンタルな雰囲気を醸す。新たに追加されたコーラスやぐっと存在感を増したフィドルが、きたる乱戦に向けて身に染みる焦燥感を滲ませ、闘争心を掻き立てる。

ケルト民族音楽のなかでも特に好きなジャンルでして、幻想的な感じがゲーム音楽向きだと常々思っているので、こういうのは素晴らしいですね。Ascensionの同名曲をどうぞ。

www.youtube.com