VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#138 『女の子にはセンチメンタルなんて感情はない』(TAMAYO/レイクライシス/AC)

www.youtube.com

レイフォースレイストームに続くレイシリーズ最終作・レイクライシスより、

TAMAYOこと河本圭代作曲、『女の子にはセンチメンタルなんて感情はない』。

ステージ曲の一つ。

タイトーのアーケード用2D縦スクロールシューティングであるレイ三部作。シリーズ最後を務めるのは第1作レイフォースの前日譚であり、あまりにも衝撃的で複雑なストーリーと、過激なまでの実験的要素が、当時のシューティング界を震撼させた。他方で丁寧な作り込みや、前作・前々作から引き継いだ独創的でストラテジックなゲーム性は好評を博していて、三作ともに良作と名高い。

本作の音楽を担当するのはZUNTATAのTAMAYOこと河本圭代氏。収録されている曲の題名の奇天烈さもさることながら、音楽そのものもかなりエクスペリメンタルな要素を取り入れていて、幻想的で美しいハードSFの世界観に拍車をかけている。サントラのライナーノーツには本作の公式ストーリーとは別に、氏が想像したオリジナルストーリーが付属されていて、こちらは読物としても、その晦渋さと奥深い物語性を存分に楽しめる仕上がりとなっている。

少々特殊な方法で選出されるBGMのうち、一つは15分にも及ぶ大作、すなわちこの曲である。題名から察せられる通り、無機質で無表情な、ミニマルテクノ調の電子音が特徴で、ほとんど起伏がないまま同じリズムが延々と反復する。が、合間合間にときどきどこからともなく湧き上がるようにメロディアスな旋律が挿入され、冷淡な静けさのなかに確かな情熱と生の鼓動を感じさせる。ショッキングな題名にふさわしい、インパクトあふれる一曲である。

題名が好きで、ふと何かの拍子に題名を思い出しては聴き入ってしまいます。