VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#139 『Castle in the Mist』(大島ミチル/ICO/PS2)

www.youtube.com

多くを語らない美しく幻想的な世界観が特徴のアクションアドベンチャーICOより、

大島ミチル作曲、『Castle in the Mist』。オープニングデモの曲。

「この人の手を離さない。僕の魂ごと話してしまう気がするから」という儚くも印象的なキャッチコピーの本作。謎に包まれた霧の古城を舞台に、徹底的にこだわり抜いた幽玄な雰囲気と、手を繋ぐというシンプルながらも切なさに満ちたアクションが、生贄の少年イコと囚われの少女ヨルダの壮絶な逃避行を物静かに彩る。無類のゲーム好きで知られる宮部みゆき氏が、本作をいたく気に入って「霧の城」という副題つきでノベライズを執筆した他、海外ではゲームシステムの革新性が大きな反響を呼び数多くの賞にノミネートされるなど、国内外問わず高く評価されている。

本作の音楽を担当するのは映画やドラマなど幅広い分野で活躍している大島ミチル氏と、Pentagonの村山光国氏および山崎耕一氏である。これに加えさらに編曲で金子昌晃氏も参加している。雰囲気重視の世界観に合わせて、環境音や効果音を中心に本作のサウンドは形成されている。本作のメインテーマである『ICO -You were there-』にはイギリスの少年合唱団リベラよりSteven Geraghtyがボーイソプラノとして起用され、満場一致の名曲として多くのプレイヤーを魅了した。

オープニングデモで流れるこの曲は、物語の舞台である霧の城をずばり指し示す題名を冠している。アコースティックギターの優しく温かい三拍子のリズムが、圧倒的な静寂のもとに佇む巨大な城、そこに潜む影のごとき異形の者たち、それらが醸す神秘的なう風情を見事に体現している。ことばは通じずとも、ともに自らの運命を変えるべく城からの脱出を試みる少年と少女の不思議な関係性を、ほとんど変わることなく繰り返される素朴な伴奏と、その上を走る静謐なメロディーラインが鮮烈に描き出している。

ループしない類の曲ですが、だからこそ最初から最後まで物語性に満ちた音を奏でられる、といったところでしょうか。話に挙がった『ICO -You were there-』、こちらはボーカル曲で、説明不要の名曲ですが、あわせてどうぞ。

www.youtube.com