VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#145 『Venice Rooftops』(Jesper Kyd/アサシン クリード II/PS3・X360)

www.youtube.com

Ubisoft Montrealがおくるステルスアクション・アサシンクリードより、

Jesper Kyd作曲、2の『Venice Rooftops』。競争ミッションで流れます。

アサシンとなって実在の街並みを駆け巡り、標的を暗殺していくアサシンクリードの続編として登場した本作。12世紀のエルサレムを描いた第1作から一転、今度はルネサンス真っ盛りの15世紀のイタリアを舞台に、没落貴族のエツィオ・アウディトーレは、冤罪で処刑された父と兄の仇討ちのためにアサシンとなり、復讐に生きることになる。時代の変遷に伴って通貨の概念が登場したり、装備の種類が増えたりするなど、世界観に合わせた新システムが取り入れられていて、レオナルド・ダ・ヴィンチら史実でも馴染み深い人物と交流することもできる。栄華を極める文化運動、その背景に見え隠れする歴史の闇、街中を駆ける爽快感あふれるアクションと相まって、オープンワールドの面白さが凝縮された仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはJesper Kyd氏。前作に引き続き作曲している、デンマーク出身のフリーランスのコンポーザーである。氏は後のBROTHERHOOD・REVELATIONS(こちらはLorne Balfe氏と共作)とあわせてエツィオ三部作すべてに参加している。独特な趣のあるルネサンスの時代に沿った、壮大ながらも影のある悲愴なサウンドが揃っていて、ステルスアクション特有の静謐さと、殺しを生業とするアサシン特有の過激さが融合した楽曲は、国内外で高く評価されている。サウンドトラックは2枚組で発売されている。

ターゲットを追走または先回りする、競争ミッションで流れるこの曲は、まさにそうした静けさと熾烈さが入り混じった一曲である。屋根の上を豪快に走り抜ける軽業に見合った、スピーディーでスタイリッシュな旋律が、淑やかで長閑なアコースティックギターの音色と美しく調和している。そこにさらに震えるように響くストリングスとコーラスを加えることにより、競争というシチュエーションにふさわしい張り詰めた空気感を漂わせる。終始落ち着いた曲調だが、それでいてどこか急いているようにも聴こえる絶妙な音使いが、過度に生き急ぐルネサンスの人々を彷彿させる。

心地よい曲です。競争というと要はかけっこですが、素晴らしいかけっこBGMですね。