VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#147 『火花散らして』(青山響/テイルズ オブ ヴェスペリア/X360)

www.youtube.com

シリーズ10作目にして「正義」を貫き通すRPGテイルズオブヴェスペリアより、

青山響こと田村信二作曲、『火花散らして』。終盤のフレンとの一騎打ちで流れます。

スーファミのファンタジアから始まり、途中から独特な公称ジャンルを冠するようになったテイルズシリーズ。マザーシップタイトルの10作目である本作は、原点回帰を掲げて勧善懲悪をテーマとしたXbox360期待のビッグタイトルである。主人公のユーリやその親友のフレンをはじめとする本作のキャラクターは軒並み人気が高く、シナリオの練り込みにすくなからぬ賛否があるものの、全体的にハイクオリティにまとめられている。

本作の音楽を担当するのは桜庭統氏と青山響こと田村信二氏。初代からのおなじみの二人であるが、田村信二氏は本作以降、青山響という名義を用いることとなる。楽曲の使いどころに関して一部ミスマッチなところが指摘されるなか、正義を体現したかのような熱くしたたるサウンドそれ自体は本作も健在である。PS3の移植版ではさらに12曲の新曲が追加されている。

犯罪をも辞さないアウトローな正義を貫くユーリと、帝国騎士として法と秩序を重んじるフレン。固い友情で結ばれながらも、相反する価値観を持った二人の最大の見せ場、すなわち一騎打ちで流れるこの曲は、疾走感のあるドラムとどこまでも真っすぐに響くエレキギターの音色が、照れくさいほどオーソドックスに戦闘を盛り上げてくれる。剣を交え、火花を散らし、全身全霊を賭けて戦う姿は、一切飾ることのない直球勝負の旋律を通して、ユーリとフレンの親友としての、ライバルとしての関係性を如実に表している。

サビに入る前にパーカッションで三回溜めることで、緊張感、爽快感、昂揚感がぐっと高まる気がします。一歩踏み外せば陳腐になり兼ねない瀬戸際で、ここまでストレートなメロディーを奏でられるのはさすがですね。