VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#148 『System』(半澤一雄/罪と罰 宇宙の後継者/Wii)

www.youtube.com

トレジャーが手掛けるハードコアなアクションシューティング・罪と罰より、

半澤一雄作曲、宇宙の後継者より『System』。メニュー画面の曲。

ニンテンドー64後期に発売され、レフトポジション操作を取り入れつつコントローラの性能を最大限に活かした作品と知られる罪と罰。その重厚で終末的な世界観と独特なゲーム性が織り成す完成度の高さが一部でコアな人気を集めていて、9年越しにWiiで正統続編として登場した本作も同様に隠れた名作である。本作は標準のWiiリモコン+ヌンチャクをはじめとする5つのコントローラに対応していて、内宇宙と外宇宙に分断される空間を超越した壮絶な争いを5通りにプレイできる。

本作の音楽を担当するのはトレジャー所属の半澤一雄氏。前作・地球の後継者を担当していた山中季哉氏がつくりあげたスペースサウンドを踏襲しつつ、本作ではサイバーロックからテクノへとシフトした。ハード性能の向上に伴って進化した、荒廃した近未来という舞台設定にふさわしい焦慮に満ちたクールな楽曲が、洗練された作風に見事にマッチしている。

メニュー画面で流れるこの曲は、無骨な曲名とは裏腹に、息をつかせぬ怒涛のエレクトロニックサウンドが魅力である。達観したような冷静さを以って奏でられる規則的なビートと、豪快に暴れ回る情熱的なエレキギターの音色が、高純度のSF的なシナリオがもたらすグルーヴィーな昂揚感に拍車をかける。これから始まるであろう宇宙規模の凄絶な撃ち合いを予感させる緊迫感あふれるサウンドが、本作の雰囲気を鮮やかに表現している。

斑鳩がスイッチで配信されたと聞いて、トレジャー繋がりで記事を書いてみました。斑鳩のほうもなかなかに良曲揃いですので、いつか紹介したいところ。