VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#153 『Disco Descent (1-1)』(Danny Baranowsky/Crypt of the NecroDancer/PC)

www.youtube.com

ローグライクリズムゲームを組み合わせた意欲作・Crypt of the NecroDancerより、

Danny Baranowsky作曲、『Disco Descent』。ゾーン1-1で流れます。

風来のシレン不思議のダンジョンシリーズに代表されるローグライクに、音楽に合わせて行動するリズムアクションを掛け合わせることで、新感覚な遊びの可能性を開拓した本作。1ビート1ターンというシンプルながらもシビアなゲームシステムが、それぞれ異なる特徴を持ったプレイヤーキャラクターの豊富さと相まって独特な中毒性を誇る。リリースされて以来全世界的に好調なセールスを記録し、続々とメジャーハードに移植されたり他作品とコラボをしたりするなど、勢いが止まらない。

本作の音楽を担当するのはDanny Baranowsky氏。氏はSuper Meat Boyなどのインディーゲームの作曲に携わっていた他、フリーゲームの名作・洞窟物語3DSリメイクの編曲を担当してきた。本作ではシステムの中枢に音楽が組み込まれていることから、氏の作曲した楽曲が果たす役割は大きい。ドット絵で描かれたグラフィックに沿ったチップチューンを主調に、ビートのはっきりしたバリバリなエレクトロニックサウンドが特徴である。

最初に訪れるであろうダンジョンで流れるこの曲は、いきなり本作の魅力をすべてつぎ込んだノリノリなディスコナンバーである。アンダーグラウンド感漂う地下迷宮にふさわしい、ダークでノスタルジックな響きを持ち、一定の間隔で進行する規則的なビートが、リズムを刻みながら行動するという直情的なゲーム性を余すことなく表現している。一瞬の判断力が問われる本作において、つい踊りたくなるほど軽快なメロディーラインを奏でることで、適度な緊張感と焦燥感を生み出すことに成功している。

ショップキーパーが近くにいると彼の歌声も加わって、踊りたくなるうえに一緒に歌いたくもなる豪華な仕様です。『Disco Descent (1-1 with Shopkeeper)』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com