VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#162 『ファイアーエムブレム』(酒井省吾/大乱闘スマッシュブラザーズDX/GC)

www.youtube.com

人気キャラクターを吹っ飛ばして遊ぶ愉快なアクションゲーム・スマブラより、

辻横由佳作曲・酒井省吾編曲、DXの『ファイアーエムブレム』。神殿の裏曲。

ビッグタイトルのキャラクターがここぞとばかりに一堂に会して白熱の乱闘を繰り広げるスマブラシリーズ。とりわけシリーズ随一のスピード感と完成度を誇る本作は、手に馴染むゲームキューブコントローラによる抜群の操作性とあわせて、GC史上最も売れた作品であるだけでなく、対戦ツールとして未だ根強い人気を集めている。歯応えのあるバランス調整と、今でも十分鑑賞に堪え得る高水準のグラフィック、1作目である前作から大幅に進化した諸々のゲーム性が、長く愛される所以となっている。

大胆に編曲合戦をおこなうことで知られるスマブラであるが、本作の編曲を担当するのは安藤浩和氏、池上正氏、橘田拓人氏、酒井省吾氏の四名。いずれもHAL研のメンバーで、橘田氏のみ後にクリーチャーズに移籍することとなる。サウンドトラック未発売なのが非常に悔やまれるなか、続編のXやforでもたびたび本作の質の高いアレンジは引き継がれている。

これといったギミックがなく、ただただ広大で入り組んだ構造が特徴の神殿ステージ。ダメージが蓄積しても逃げ延びやすい反面、敵を仕留めにくいこともあり、プレイヤーの実力を試すにはもってこいのバトルフィールドである。その神殿の裏曲として流れるこの曲は、疾走感あふれる『出会い』とやんごとなきオーラを放つ『ファイアーエムブレムのテーマ』をメドレーで繋げた壮大な一曲である。ピアノの美しい間奏を経て、毛色の違う二つの曲をきれいに合体させることにより、ストック制だと長期化しやすい乱闘を昂揚感たっぷりに彩る。

FE新作とスマブラ新作のダイレクトを受けて、続投が決まった神殿ステージより紹介してみました。神殿が大好きなんです。かの地で乱闘に明け暮れた日々は忘れられない思い出です。