VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#163 『ASTEROID』(WASi303/サイヴァリア・リアセンブル/iOS)

soundcloud.com

BUZZシステムが特徴の弾幕シューティング・サイヴァリアより、

WASi303こと佐藤哲郎作曲、リアセンブルの『ASTEROID』。同名のステージ曲。

上記の4:22から最後まで。

※※公式の試聴デモであるため、フルではありません

当たり判定ぎりぎりで敵の攻撃をカスらせることで自機をパワーアップできるBUZZというシステムが絶妙に緊張感を煽るサイヴァリアシリーズ。幾何学模様のサイケデリック弾幕と、あえてリスクを冒してみようという気を起こさせる、どこかシューティングらしからぬゲーム性が、奇妙な没入感と中毒性を誇る。本作はシリーズ初のiOS用の作品だが、わずか半年でサービス終了してしまった経緯を持つ。

本作の音楽を担当するのはサクセス所属のWASi303氏。初代からサイヴァリアシリーズに携わっていて、本シリーズは氏の他ならぬ代表作でもある。四人体制だった前作・前々作とは異なり、本作では氏がすべて単独で作曲している。シリーズおなじみのピアノアンビエントを中心にした、ブレイクビーツを用いた浮遊感のあるトランス系の楽曲は、本作でも健在である。

とりわけピアノの音色が美しく映えるこの曲は、ASTEROIDと呼ばれるステージで流れる一曲である。アステロイドと言えば初代の四面の曲にも『Asteroid』というものがあり、コンセプトを共有しているため非常に似通った曲調でありつつも、双方ともに引けを取らない独特な美しさを内包している。比較的アンビエント色が強めで冷静沈着なピアノが幻想的な『Asteroid』に対し、この曲、大文字の『ASTEROID』では、どこまでも繊細に奏でられるピアノの後ろで響くアグレッシブなパーカッションがダンスミュージックに見られるようなグルーヴを生み出している。

比較検討のために同じくWASi303氏による『Asteroid』もご参照ください。それぞれ単曲で聴くのも良いですが、交互に聴くとさらに気分が昂揚します。

www.youtube.com