VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#164 『Moonlight Piano』(佐藤天平/ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団/PSV)

www.youtube.com

日本一ソフトウェアが手がける一人称視点のダンジョンRPG

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団より、佐藤天平作曲、『Moonlight Piano』。

死都アマデウスで流れます。

ポップな絵柄とブラックな雰囲気が共存するハクスラアクションRPG魔女と百騎兵と世界観を共有する本作。持ち味のキュートさと残虐さはそのままに、本作では前人未到で人跡未踏の巨大な地下迷宮に挑む。本作は発売直後は品薄状態が続くなど、アクが強く人を選ぶゲーム性で知られる日本一ソフトウェアのなかでは特に好評を博している。

本作の音楽を担当するのは佐藤天平氏。エグザイルシリーズなどかなり古くからゲーム音楽の作曲に携わっていて、最近ではディスガイアシリーズや前述の魔女と百騎兵シリーズの作曲をおこなっている。本作では妖しげな地下迷宮にあわせて、どこか毒気の漂う禍々しい民族調サウンドが特徴である。

死都アマデウスは、シナリオ後半で訪れることになる、瘴気に包まれた滅びの都。その廃墟らしさを一際印象付けるのは、寂寥感漂うこの曲である。静かなピアノイントロから始まり、ストリングスや笛が加わって奏でられる旋律は、「神が愛する」「神に愛される」という原義を持つアマデウスにふさわしい、博愛に満ちた悲哀を感じさせる。その妖艶な音使いは、美しくも儚い本作の世界観そのものを反映している。

曲名からするとベートーヴェンですが、アマデウスモーツァルト。惜しい……のかしら。

※単曲動画が削除されたので置き換えました。

※※単曲動画が再度見つかったので置き換えました。